So-net無料ブログ作成
徒然日記 ブログトップ
前の10件 | -

米国へ弾丸出張してまいりました!(2) [徒然日記]

シンシナティからサンディエゴはダラス乗り換え。ダラス発のサンディエゴ便は最終便です。トランジットの時間は50分しかありません。なのに豪雨のため出発が30分遅れ!


sDSC_0614.jpg
飛行機も旧型で乗り心地は最悪でした


ダラスには25分遅れで到着。ターミナルが違うので焦りましたが、なんとか間に合いました。結局サンディエゴに着いたのは深夜の12時頃。サンディエゴは4年ぶりくらいです。


sDSC_0618.jpg
サンディエゴ空港は国際空港なので、夜遅くでもたくさんの人!


次の日は朝早くからティファナへ。取引先が用意してくれたバスで向かいました。サンディエゴとティファナのゲートです。入国審査は事前に取引先が準備してくれた書類があったのですんなりと済みました。


sDSC_0620.jpg
メキシコへの入国審査はすんなりと済みました


国境を超えると雰囲気ががらっと変わります。浮浪者が多く街並みもおせじにもきれいとは言えません。


sDSC_0627.jpg
ここでもかなり綺麗なほうです


ちょっと離れた高台にカラフルな住宅街が見えてきました。高級住宅街なのかな?


sDSC_0628.jpg
これだけでなく黄色や青の建物もたくさんありました


帰りはすごい渋滞に会いました。車が道をふさいでいて、すぐ近くにに亡くなっている人が横たわっていました。交通事故か事件のようですが、こちらは人が亡くなっていても救急車も来ずに野ざらしなんですね。怖いー!

ようやくゲートに着いたのですが、メキシコからアメリカへの再入国審査はすごい行列。ゲート通過まで1.5時間かかりました。その間、物乞いがひっきりなしに来て警戒心はマックス!


sDSC_0629.jpg
人が多いうえに暑くて、しかも物乞いが行列の合間をうろうろしていて苦痛の1時間半でした


外国人の行列は流れていましたが、メキシコ人の行列は全く動く気配はありませんでした。メキシコ人がアメリカ入るのはかなり大変そうです。

次の日はサンディエゴのオフィスで打合せです。ちょっと休憩モード。サンディエゴは思ったもったよりも肌寒かったですが、天気がよくて気持ち良いですね。これぞ西海岸。


sDSC_0634.jpg


その日の午後にはサンノゼに入るために慌ただしく空港に。サンディエゴ空港から遠くにサンディエゴのダウンタウンが見えました。


sDSC_0636.jpg


サンノゼに到着したのは夜の7時頃。サンノゼはよく知った町なのでホッとします。


sDSC_0637.jpg


サンノゼで一泊したあと、翌日はサンマテオで打合せ。今回は渋滞回避のために、サンノゼからサンマテオまでサンマテオ橋を使って向かいました。有料道路で$6かかります。


sDSC_0644.jpg


サンマテオで打合せをしたのちに、SFOまで送ってもらいその日の夕方に日本に向かいました。日本に到着したのは夜の7時。蒸し暑さと安ど感で疲れがどっと出てきました。


sDSC_0649.jpg


ほぼ毎日飛行機に乗る弾丸出張。現地社員は ”またお客さん回りをするから” とやる気満々。アメリカのビジネスは飛行機で巡るのが当たり前なんだと改めて感じました。これからも続きそうです。
(´Д`)/





B02 地球の歩き方 アメリカ西海岸 ロスアンゼルス サンディエゴ サンフランシスコ ラスベガス 2020~2021

B02 地球の歩き方 アメリカ西海岸 ロスアンゼルス サンディエゴ サンフランシスコ ラスベガス 2020~2021

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2019/09/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)







タグ:出張
nice!(37)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

米国へ弾丸出張してまいりました!(1) [徒然日記]

先週一杯、米国ならびに少しメキシコへ弾丸出張し、無事に帰ってきました!( ー`дー´)
ほぼ毎日飛行機で移動するという、とっても厳しい日程でした。

最初の訪問都市はテキサスのマンスフィールドというところです。テキサスのダラスフォートワース空港から高速で約30~40分で到着しました。ホテルについた頃にはもう夕方。夕日が綺麗でした。


sDSC_0594.jpg
テキサスはずっと平原で山が見えません。家も平屋建てが多く平地がずっと広がっています。


夕御飯を食べるところを探しに街中を練り歩いていたら、ヴィンテージな救急車を発見しました。


sDSC_0596.jpg
さすがに現役では走っていないと思いますが、古きよきアメリカを思い起こさせますね


マンスフィールドは思ったよりも田舎で、夜出歩いてもいても危険はまったく感じませんでした。ホテルやお店の人も親切で、古き良きアメリカがまだ残っている感じです。

取引先の人に話を聞くと、テキサスは好景気のようです。高速道路が拡張されたり、街がすごいきれいに整備されています。バブルで住みにくくなっているサンフランシスコに嫌気をさしたスタートアップがテキサスに続々と拠点を移しているそうです。住宅価格もあがっているとか。

sDSC_0600.jpg
高速道路は拡張され、街並みはきれいです

sDSC_0601.jpg
高速道路からダラスの街並みが見えました

それでも圧倒的に物価は安いですね。例えばサンフランシスコではビジネス向けホテルが最近は一泊$300(!)以上なのですが、テキサスのマンスフィールドではたったの$100でした。実に1/3です。


次の訪問都市はオハイオのシンシナティです。シンシナティ空港ではマンモスなど多くの化石が展示されていました。日本の福井のように化石で有名な街なんでしょうか。勉強不足でわかりません。


sDSC_0602.jpg
マンモスの化石 迫力あります

sDSC_0603.jpg
バイソンの祖先にあたる大きな角を持つバイソン


冬はかなり雪深くなるそうで、そのせいか風景はまるで北海道。都市部にいかなかったこともあり、あまり特徴のある風景はありませんでした。観光地としてはあまり魅力はなさそうです。

sDSC_0606.jpg
ケンタッキー州の近くにあったKFC、まるで風景は日本


シンシナティはこの時期、天気が変わるのがあっという間で、晴れていたのに10分後には前が見えないほどの豪雨に見舞われました。豪雨でしばしば飛行機が遅れてしまうので要注意です。

sDSC_0613.jpg
前が見えないくらいの豪雨のあとの空港。多くのフライトが2時間ほど遅れてました。


次の訪問都市はサンディエゴ経由でメキシコ・ティファナ。長くなるので続きは次回!
(^^)/~





なぜ、トヨタはテキサスに拠点を移したのか?

なぜ、トヨタはテキサスに拠点を移したのか?

  • 作者: 倉石灯
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • 発売日: 2018/12/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



資産家たちはなぜ今、テキサスを買い始めたのか?

資産家たちはなぜ今、テキサスを買い始めたのか?

  • 作者: 倉石 灯/角内 創
  • 出版社/メーカー: ぱる出版
  • 発売日: 2017/04/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



タグ:出張
nice!(36)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アメリカに出張へ行ってきますー [徒然日記]

急遽、アメリカに1週間ほど出張にいくことになりました。今回は、いろんな都市を巡ってくるので仕事とはいえ少し楽しみなんですが、各都市一泊のハードな日程です。身体壊さないといいけどなぁ。

15642963501592178410904739258278.jpg
街の風景を共有できたらと思いますが、移動の時間ばかりなので厳しいかもしれません。
ともあれ、初めて訪れる都市が多いのでできるだけ楽しんできたいと思います!
(^^)/~

nice!(34)  コメント(2) 

【朗報】倒産した Maker Madia が Maker Community として活動再開! [徒然日記]

突如倒産した Maker Media ですが、Make Community という団体を立ち上げ活動を再開するらしいです。世界中で開催される Maker Faire のライセンスは元CEOのデール・ドーハティ氏がポケットマネーで買い戻し、事業は担保されるようです。


2019-07-18.png
倒産したMaker Faireが新たにMake Communityとして復活
https://jp.techcrunch.com/2019/07/11/2019-07-10-maker-faire-now-make-community/


まだこの組織は営利組織となるか協同組合のような非営利組織として運営をしていくか決まっていないので、まだ支援を受け付ける団体という扱いです。しばらくはデール・ドーハティ氏のポケットマネーで運営をしていくようですが、やはり限界がありますよね。

早く支援者が表れて、Maker文化の表舞台に戻ってきてほしいですね。

デール・ドーハティ氏のコメントが胸に刺さります。

「シリコンバレーにはこれだけ大勢の億万長者たちがいるのに、Maker Faireを支援するのが私しかいないと思うと残念でなりません」

ほんこれ…。(´;ω;`)





退屈をぶっとばせ!  ―自分の世界を広げるために本気で遊ぶ (Make: Japan Books)

退屈をぶっとばせ! ―自分の世界を広げるために本気で遊ぶ (Make: Japan Books)

  • 作者: Joshua Glenn
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2018/05/26
  • メディア: 単行本



作ることで学ぶ ―Makerを育てる新しい教育のメソッド (Make:Japan Books)

作ることで学ぶ ―Makerを育てる新しい教育のメソッド (Make:Japan Books)

  • 作者: Sylvia Libow Martinez
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2015/03/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



「もの」はどのようにつくられているのか? ―プロダクトデザインのプロセス事典 (Make: Japan Books)

「もの」はどのようにつくられているのか? ―プロダクトデザインのプロセス事典 (Make: Japan Books)

  • 作者: Chris Lefteri
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2014/05/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




タグ:Maker Faire
nice!(39)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

NHKが攻め過ぎ宇宙特集!オウムアムアを宇宙船認定!! [徒然日記]

先週のNHK特集。私も楽しみにしていたので、見ていたのですが、まさかの内容。天下のNHKがオウムアムアを宇宙船認定するとは!思い切ったことするなぁ。


oumuama.jpg


しかし、仮に本当に宇宙船だったとしてもこんなメカニックな姿かというと、そんなことはないんじゃないかと思います。



高度文明の恒星間航行をする宇宙船なら自己修復可能な有機物を外殻に使うと思うのですね。さらに量子通信を用いた未知のセンサーが表面に張り巡らされていて、こんなかっこいい姿ではないんじゃないかと想像しています。

まぁ、何がいいたいかというと、仮に宇宙船だったとしても、その姿はNASAが想像したとおりの外観だろうということです。

A2017u1.jpg


高度に進んだ技術は、きっと我々の技術ではほとんど自然のものと見分けがつかなくて、仮に見つけたとしても気が付くことができないんじゃないかな...。
(^^)/~





宇宙のランデヴー 〔改訳決定版〕 (ハヤカワ文庫SF)

宇宙のランデヴー 〔改訳決定版〕 (ハヤカワ文庫SF)

  • 作者: アーサー・C. クラーク
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2014/02/07
  • メディア: 文庫



コンタクト [Blu-ray]

コンタクト [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray



インターステラー [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

インターステラー [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray








nice!(37)  コメント(0) 

【朗報】Maker Faire Tokyo/Kyoto は影響なく開催! [徒然日記]

Maker Media が事実上の活動停止となって、開催が不安視されていた Maker Faire Tokyo ですが、主催者のオライリージャパンからその不安を払拭する声明が発表されていました。


makermedia.jpg
Maker Media社の現状とMaker Faire Tokyo 2019について
https://makezine.jp/blog/2019/06/current_status_of_maker-media_and_maker_faire_tokyo.html


この記事の中で、「Maker Faire Tokyo / Kyotoが、これまで以上に意味のあるイベントであり続けるように、加えて持続可能なイベントであり続けられるように、チーム全員で努力していきたいと思いますので、ご支援をいただけますよう、お願いいたします。」

とありますので、今後も引き続き開催されるようですね。よかった!


とホッとしていたら、悲しいお知らせがもう一本。


flashair.png
https://twitter.com/FlashAirDev_ja/status/1138616080170135557


Maker Faire 名物のFlashAir同人誌がついに終了の時を迎えたようです。会社が大変な時期ですからねぇ。なんかとっても残念です…。


doujinshi5.png


メイカームーブメントの顔ぶれが変わってきて、メイカーの世界が変わりつつある兆しなのかも知れませんね。
(^^)/~





退屈をぶっとばせ!  ―自分の世界を広げるために本気で遊ぶ (Make: Japan Books)

退屈をぶっとばせ! ―自分の世界を広げるために本気で遊ぶ (Make: Japan Books)

  • 作者: Joshua Glenn
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2018/05/26
  • メディア: 単行本



作ることで学ぶ ―Makerを育てる新しい教育のメソッド (Make:Japan Books)

作ることで学ぶ ―Makerを育てる新しい教育のメソッド (Make:Japan Books)

  • 作者: Sylvia Libow Martinez
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2015/03/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



「もの」はどのようにつくられているのか? ―プロダクトデザインのプロセス事典 (Make: Japan Books)

「もの」はどのようにつくられているのか? ―プロダクトデザインのプロセス事典 (Make: Japan Books)

  • 作者: Chris Lefteri
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2014/05/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




タグ:Maker Faire
nice!(35)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【悲報】Maker Faire の胴元 Maker Media が活動停止に [徒然日記]

皆さま、ご無沙汰しております。出張から帰ってきても、まったく仕事に合間ができず休みも返上して仕事ををしていました。まさにこんな状態。


s-shatiku.jpg
https://twitter.com/Worker_amayo/status/747044125808091136/photo/1


久しぶりに一息できる週末を過ごしています。来週からまた忙しい日々が続きそうですが…。

そんな中、とっても残念なニュースが入ってきました。なんと、Maker Faire の胴元の Maker Media が事実上の倒産状態になってしまったようです。


DSC_0102.JPG
Maker Faire halts operations and lays off all staff
https://techcrunch.com/2019/06/07/make-magazine-maker-media-layoffs/


Maker ムーブメントの火付け役となったメディアだけに非常に残念です。

CEOのDougherty氏によると、サイト運営と、イベントのライセンス事業はなんとか継続していくつもりのようです。(まだ先行き不透明なようですが)出版事業はなんとかなったようですが、イベント事業が不振だったようですね。

これから始まる Maker Faire Tokyo に影響がなければいいのですが。
(´・ω・`)





Make: Design Your Own Circuits: 17 Exciting Design Ideas for New Electronics Projects

Make: Design Your Own Circuits: 17 Exciting Design Ideas for New Electronics Projects

  • 作者: Charles Platt
  • 出版社/メーカー: Maker Media, Inc
  • 発売日: 2020/03/06
  • メディア: ペーパーバック



Mechanical Engineering for Makers: A Hands-on Guide to Designing and Making Physical Things

Mechanical Engineering for Makers: A Hands-on Guide to Designing and Making Physical Things

  • 作者: Samer Najia
  • 出版社/メーカー: Maker Media, Inc
  • 発売日: 2020/03/06
  • メディア: ペーパーバック



Make: Electronics: Learning Through Discovery (Make: Technology on Your Time)

Make: Electronics: Learning Through Discovery (Make: Technology on Your Time)

  • 作者: Charles Platt
  • 出版社/メーカー: Maker Media, Inc
  • 発売日: 2015/09/07
  • メディア: ペーパーバック




タグ:Maker Faire
nice!(32)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Maker Faire Bay Area 2019 に行ってきました! [徒然日記]

大変ご無沙汰しております。しばらく米国へ出張していました。なかなかキツイ出張で、ブログの更新もままならず、久しぶりの投稿になります。


ee8.png


そんな中、Maker Faire Bay Area 2019 に行ってきました。あいにく天気は断続的に続く激しい雨。


DSC_0056.JPG


せっかくのお祭りが台無しです。昨年よりも、あきらかに入場者数が少ない。


DSC_0057.JPG


ブースも心なしか去年よりも少なかったですが、今年はなんとNASAが出展していました。びっくりです。


DSC_0060.JPG


ISSの宇宙飛行士を助けるためのキューブ型のロボットを開発していました。ガンダムのハルのようですね。


DSC_0061.JPG


もちろん、Arduinoも出展していました。Arduino Nano の新シリーズが発表になったのですが、意外にも控えめな展示でした。


DSC_0063.JPG


昨年に続いて、ソニーのSPRESENSEも出展しています。ブースが目立っていたせいか、人だかりができていました。


DSC_0070.JPG


多くのスペースを使って展示をしていたのは鉄道模型。完成度が高いので見ていて飽きません。しばらく見入ってしまいました。


DSC_0090.JPG


記事で知ったのですが、来年は Maker Faire Bay Area がなくなるかもとのこと。会場のサンマテオのイベント費用が高騰していることに加え、スポンサーが少なくなったためだそうです。日本での盛り上がりとは対照的ですね…。


DSC_0102.JPG


メーカー文化のメッカであるベイエリアのイベントがなくなってしまうのはすごく残念。来年もぜひ開催してほしいなぁ。
(´・ω・`)






作ることで学ぶ ―Makerを育てる新しい教育のメソッド (Make:Japan Books)

作ることで学ぶ ―Makerを育てる新しい教育のメソッド (Make:Japan Books)

  • 作者: Sylvia Libow Martinez
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2015/03/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



私たちはみなメイカーだ ―メイカーが変革する教育、仕事、社会、そして自分自身 (Make: Japan Books)

私たちはみなメイカーだ ―メイカーが変革する教育、仕事、社会、そして自分自身 (Make: Japan Books)

  • 作者: Dale Dougherty
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2017/08/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



「もの」はどのようにつくられているのか? ―プロダクトデザインのプロセス事典 (Make: Japan Books)

「もの」はどのようにつくられているのか? ―プロダクトデザインのプロセス事典 (Make: Japan Books)

  • 作者: Chris Lefteri
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2014/05/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(38)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【令和初イベント】「Maker Faire Kyoto 2019」に行ってきました! [徒然日記]

Maker Faire Kyoto 2019 に行ってきました!少し夏を感じさせる暑さの中、すごい人出で令和の初イベントらしい盛り上がりでした。

0_maker faire kyoto.JPG


まずはオムロンさんの「AIウォーリーを探せ」。瞬時にウォーリーを見つけ出すAIです。これじゃぁなんの楽しみも何もないなぁ。(笑)

1_omron.JPG

こちらも同じくオムロンさんのやたら完成度の高い「王蟲」。まさかオムロンだけにオームってわけでじゃないよね。

2_omron.JPG


次は我らが「SPRESENSE」のブース。「SPRESENSE」は、Arduino IDEでマルチコアプログラミングができるようになります。

2_sony.JPG


5月末のリリース予定です。写真だけじゃ意味わからないと思いますが、ここでミニセミナーを行っていました。

隣には「SPRESENSE」のDIYウォークマンの視聴エリアもあります。3種類のDIYウォークマン基板が揃っており、いよいよウォークマンも自作の時代が来たなと感じさせます。


3_sony.JPG


個人的にツボにハマったのが、京都産業大学さんの「ダンゴムシ行動計測装置」。この装置の真ん中にダンゴムシがいます。そこで動きを見てダンゴムシが常に中央に来るように下の玉を動かして計測するというものです。


4_kyoto.JPG


いやーよく考えたなぁ。

次は、Maker Faire おなじみ「テスラ・コイル」。今年はさらにバージョンアップして演奏をしていました。すごい。


6_tesla.JPG


あと、今年は自作CPUの展示が目に付きました。自作CPU本が出て、ちょっとしたブームになっているのかな。

7_16bitcpu.JPG


展示は、まだまだたくさんあってここに載せきれません。気になる方は、こちらを見てくださいね。

Maker Faire Kyoto 2019レポート #1 https://makezine.jp/blog/2019/05/mfk2019_report01.html


来年もまた「Maker Faire Kyoto」が開催されるのを楽しみにしたいと思います。ただ、GWの最中は電車混んでるし、できれば避けてほしなぁ。。。

DSC_0024.JPG







私たちはみなメイカーだ ―メイカーが変革する教育、仕事、社会、そして自分自身 (Make: Japan Books)

私たちはみなメイカーだ ―メイカーが変革する教育、仕事、社会、そして自分自身 (Make: Japan Books)

  • 作者: Dale Dougherty
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2017/08/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



「もの」はどのようにつくられているのか? ―プロダクトデザインのプロセス事典 (Make: Japan Books)

「もの」はどのようにつくられているのか? ―プロダクトデザインのプロセス事典 (Make: Japan Books)

  • 作者: Chris Lefteri
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2014/05/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



MAKERS 21世紀の産業革命が始まる

MAKERS 21世紀の産業革命が始まる

  • 作者: クリス・アンダーソン
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2012/10/23
  • メディア: 単行本




nice!(41)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

いよいよ時代は平成から令和へ! [徒然日記]

今日で平成最後の日ですね。平成は三十年続きました。令和は何年続くのでしょう。


gengou_happyou_reiwa.png


平成は、私が学生時代を過ごし、社会人になり、そして父親となった私の人生の歩みそのものでした。令和は娘、息子が活躍する時代ですね。まだ早いけど、もう隠居気分になってしまいます。

令和はどんな時代になるのかな。私にとっては、第二の人生を謳歌する時代。平成は家族を支えるためサラリーマンを頑張ってきましたが、令和はもっと自分のために時間を使っていきたいなと思います。

令和がはじまってからすぐに東京オリンピック、大阪万博とイベント続き。なんだかめでたい感じです。令和が江戸の元禄のように文化や文明が花開く時代になりますように!

明日から気持ちも新たに、滞りがちなブログの更新もがんばります!

angry-evil-smile.png





タグ:平成 令和
nice!(35)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - 徒然日記 ブログトップ