So-net無料ブログ作成

SPRESENSEでMP3オーディオを再生してみた! [SPRESENSE]

ソニーのSPRESENSEでMP3ファイルを再生してみました。リリースした頃に比べるとサンプルが増えてきて、いろいろと遊べるようになってきました。


sDSC05304.jpg


MP3オーディオを再生する手順を、がんばってムービーにしてみました!(`・ω・´)





手順はとっても簡単です。最初に、MP3デコーダをインストールするスケッチを開きます。


mp3_dec_installer.png


コンパイルしてボードに書き込み実行をしたら、コンソールを開いてMP3デコーダのインストール先を選択します。


mp3_dec_install.png


次に、MP3オーディオプレイヤーのスケッチを開きます。


mp3_palyer.png


SDカードに保存したMP3オーディオのファイル名に書き換えます。この時ファイル名は8.3形式の短いファイル名にする必要があります。


mp3_palyer_change_filename.png


コンパイルしてボードに書き込めば、MP3オーディオの再生が始まります。


spresense_mp3_audio_playing.png


詳しくはムービーを見てくださいね!

次はハイレゾ音源の再生にチャレンジしてみたいと思います!手持ちの安いスピーカーじゃ違いは分からないだろうけど…
( ̄▽ ̄;)







タグ:AUDIO MP3 Spresense
nice!(35)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

インターステラー天体 A/2017 U1 オウムアムア の謎が深まる [ちょっと気になるトンデモ学説!]

インターステラー天体「オウムアムア」に関するレポートが NASAから出ています。

A2017u1.jpg
NASA Learns More About Interstellar Visitor 'Oumuamua
https://www.jpl.nasa.gov/news/news.php?feature=7280

全体の要約をすると、こうです。

・オウムアムアは小さい天体で表面から噴出するガスが推力となって軌道や速度が変わった
・オウムアムアは太陽系の彗星よりも遥かに小さな天体のようだ
・オウムアムアを最初に発見したのは地球近傍小惑星の監視用の天文台
・オウムアムアはハッブルなど可視光の天体望遠鏡で確認できた
・しかし、赤外線望遠鏡 Spitzerで観測したがほとんど検出できなかった
・これは表面積が小さいためだと思われる
・しかし、一方でこの天体は通常の彗星よりも10倍明るい
・暗い天体は熱を溜めるが、反射率が高い天体は熱を吸収しないため明るい
・すなわち、この天体の表面は極めて低温であると考えられる
・おそらく、太陽に近づいたときに噴出したガスなどで表面が綺麗になったのだろう
・表面は氷や雪で覆われているのではないか?



このレポートで興味深いのは、赤外線と可視光での反射率の違いです。

”可視光では大きさや組成なども推測できたが、赤外線ではほとんど見ることができなかった。すなわち天体は小さく、表面が氷が雪で覆われているだろう。”

というのがレポートの結論ですが、逆に言うなら可視光は反射するが赤外線は吸収する天体ということです。氷や雪なら、太陽近傍で真っ先に溶けてないですかね??重力も小さいのに、なんで降り積もりますかね?太陽風で吹き飛ばされるでしょ。


ここからは私の勝手な妄想ですが、、

もし、恒星をフライバイする恒星間探査機を作るなら、太陽に近づくときには熱を反射し、逆に低温な状況になったら熱を逃さないようにする魔法瓶のような構造にするでしょうね。もちろん、方向や速度を変えるスラスターも装備してます。

つまりオウムアムアはそんな構造をもったものであると考えると、今回のレポートの結果と合うように思います。太陽系外から来た天体が、単なる天体なんてつまんないですからね!
(^^)/~






宇宙のランデヴー 〔改訳決定版〕 (ハヤカワ文庫SF)

宇宙のランデヴー 〔改訳決定版〕 (ハヤカワ文庫SF)

  • 作者: アーサー・C. クラーク
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2014/02/07
  • メディア: 文庫



コンタクト [Blu-ray]

コンタクト [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray



インターステラー [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

インターステラー [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray






nice!(32)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ソニーの「SPRESENSE」でAI開発ツールが利用可能に! [徒然日記]

久しぶりに、ソニーの"SPRESENSE"のニュースがリリースされました。


ソニーのボードコンピュータ「SPRESENSE」でAI開発ツールが利用可能に
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1154453.html


ソニーが提供している”Neural Network Libraries/Console”が出力したプログラムを実行することができます。

乾電池で駆動できるAIとは時代が変わりましたね。GPUを使うのが当たり前だったAIがいよいよ身近になってきそうです。カメラも発売になるそうですし、画像認識のアプリケーションが増えそうですね。


spresense_camera.jpeg


で、肝心のドキュメントはどこなの?と探してみたら、こんなところにありました。カメラライブラリの解説もあります。


DNNRTライブラリへのリンク

カメラライブラリへのリンク


うーむ、話題をとっている機能の割には扱いが粗末な感じがしますね。もう少しデベロッパーページを分かり易く出来ないかなぁ。誰か分かり易いまとめページを作ってくださいー。
(´・ω・`)






nice!(40)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

SPRESENSEメインボードのイラスト公開! [SPRESENSE]

ブレッドボード等でプロトタイプした回路の配線図を描くときに、ボードのイラストがあると便利ですよね。ということで、SPRESENSEメインボードのイラストを作りました!


Spresense_Main_Board.png


皆さま、どうぞご自由にお使いください。営利目的二次利用もOKです!

どうしても、ライセンスが気になるという方は、CC-BYライセンスということにします。著作者のクレジットは省略可です。


CC-by.png


拡張ボードもそのうち作るかもしれませんが、メインボーダー(メインボードだけでなんとか頑張りたい派)の私としては、あまりモチベーションがないので期待しないでください~。
(^^)/~






nice!(33)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

インターステラー天体 A/2017 U1 オウムアムアはやはり探査機!? [ちょっと気になるトンデモ学説!]

ちょっと古い記事ですが、インターステラー天体 「オウムアムア」、ここに来て異星人の探査機説が急浮上してきました。


A2017u1.jpg
「オウムアムア」の正体は異星人の探査機? ハーバード大の研究者が驚くべき論文
https://www.huffingtonpost.jp/2018/11/06/alien-probe_a_23581278/


こんな説が出てきたのは、オウムアムアが地球から遠ざかる際にの挙動です。太陽から遠ざかるにつれ本来減速するはずが、ほとんど減速せずに遠ざかっているようです。

つまり何かしら推進機関があるか、自然現象で加速するなにかがあるのか?ということになります。自然現象説としては以下の二つの仮説があります。

(1)太陽風によって加速している
(2)彗星のように表面からガスが出ており加速している

まず、(1)については、あまりにも荒唐無稽すぎて、話にもなりません。太陽風によって加速してしまうような軽い天体がどうやって太陽に最接近してフライバイして地球に近づいてこれるでしょう。太陽に近づく前に押し戻されるか、燃え尽きてしまうでしょう。

さて、次に(2)です。たしかにこれは可能性としては考えられます。しかし、かつて太陽に最接近したときの分析結果を振り返ってみましょう。

太陽系外から飛来の小惑星、表面に有機物の層 天文学者チーム
http://www.afpbb.com/articles/-/3155902?cx_part=latest&cx_position=3

こちらの記事で以下のように分析されています。

別の恒星系から飛来する恒星間天体をめぐっては、大半が小型で、彗星(すいせい)のように本体が主に氷でできていると天文学者らの間では長年考えられていた。
だが、9月に太陽に接近通過した際、オウムアムアは彗星のように溶けた氷と塵(ちり)の「尾」を放出しなかった。これは、オウムアムアが氷の表面を持たず、実際は主に金属と岩石で構成される小惑星の仲間に属している可能性があることを示唆している。



記事内では、確かに彗星のような性質をもつことは否定されていませんでしたが、少なくとも噴出によって加速したわけではないことが分かります。

残りの可能性としては、オウムアムアには加速させるなんらかの推進源があるということでしょう。やはり異星人からの探査機という可能性は否定することはできなさそうです。
+(0゚・∀・) + +


関連記事
インターステラー天体 A/2017 U1 オウムアムア続報!
https://makers-with-myson.blog.so-net.ne.jp/2018-02-17

インターステラー天体 A/2017 U1 オウムアムアは巨大な目か!?
http://makers-with-myson.blog.so-net.ne.jp/2018-01-06

インターステラー天体 A/2017 U1 の形状が明らかに!これは!?
http://makers-with-myson.blog.so-net.ne.jp/2017-11-22

インターステラー天体 A/2017 U1 は ロス128b からの探査機か!?
http://makers-with-myson.blog.so-net.ne.jp/2017-11-20

ついに来たか!?太陽系外からの地球探査機!?
http://makers-with-myson.blog.so-net.ne.jp/2017-10-29





宇宙のランデヴー 〔改訳決定版〕 (ハヤカワ文庫SF)

宇宙のランデヴー 〔改訳決定版〕 (ハヤカワ文庫SF)

  • 作者: アーサー・C. クラーク
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2014/02/07
  • メディア: 文庫



コンタクト [Blu-ray]

コンタクト [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray



インターステラー [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

インターステラー [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray




nice!(30)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

マルタに行ってきました!(最終日) [徒然日記]

いよいよマルタの旅も最終日です。最終日は午後には飛行機なので、午前中しかありません。レンタカーは早めに返して、ホテルの隣町のスリーマまで徒歩で散歩してきました。

DSC00809.JPG



お目当ては、猫ビレッジです。海賊っぽい猫の像が立っています。ちょっとカッコイイ像です。

DSC00838.JPG


ここの下には猫のがたくさん。みんな人に慣れていて、とっても人懐っこいです。かわいい~~。

DSC00842.JPG


海を眺める猫を激写しました。

DSC00839.JPG


猫を堪能したあと、空港までホテルの送迎車で送ってもらいました。来た時同じお兄さんで、マルタの最近のビジネス事情や歴史などいろいろ教えてくれました。マルタの人たちにも日本旅行は人気だそうです。ちょっと嬉しいですね。

DSC00856.JPG


いよいよマルタと"さようなら"です。ほんと楽しい時はあっという間です。名残惜しい。出張では、こんな気分は味わえないですね。また、来ることあるかなぁ。

DSC00866.JPG


帰りの航路も、やはりイスラエルとイラクを避けるコース。

DSC00896.JPG


イスラエルのガザ地区に近づいたときに拡大して撮ってみました。暗いところがガザ地区なのかなぁ。イスラエルの監視所なのか、暗い地域にひときわ明るい照明の建物があるのが印象的でした。

DSC00892.jpg


日本に近づいてきました。よく見ると、雲の合間からなにやら顔を出しています。

DSC00947.JPG


なんと富士山でした。日本に帰ってきたな~と実感するひと時です。残念なような、ほっとしたような。18時間の旅はやっぱりキツイ。

DSC00948.JPG


成田に無事つきました。帰ってきちゃったなぁ。すぐに受験勉強でがんばっている息子にメッセージを送りました。まぁ、つれない返事でしたけど…(^^;

DSC00958.JPG


疲れ果てた体で、帰りのバスをぼーっと待っていると、私のスーツケースにちょっと違和感。よくよく見てみると、あれ?一部壊れてる!!

DSC00964.jpg


保険会社に補償をしてもらうには、エミレーツから手荷物破損申告書を入手する必要がありますが、バスが来るまで数分。もう遅い。カミさんも”もう十年以上使ってるし、新しいの買ったら?”と言うので泣き寝入りすることにしました。ぼーっと生きてちゃダメだった…。

このスーツケースは、今までの仕事の苦労を分かち合った戦友のようなものなので、ちょっと名残惜しい。エミレーツはググるとスーツケースを壊されるので有名な航空会社のようですね。

楽しい旅行に最後に味噌がついてしまいましたが、とっても楽しい一週間でした。また仕事がんばろ!
(^^)/~





まるごとマルタのガイドブック

まるごとマルタのガイドブック

  • 作者: 林 花代子
  • 出版社/メーカー: 亜紀書房
  • 発売日: 2017/09/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



はじめてさんと歩くマルタ島:地中海からの水彩色鉛筆Lesson

はじめてさんと歩くマルタ島:地中海からの水彩色鉛筆Lesson

  • 作者: 杉原美由樹
  • 出版社/メーカー: マール社
  • 発売日: 2017/08/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



14 地球の歩き方 Plat マルタ (地球の歩き方ぷらっと14)

14 地球の歩き方 Plat マルタ (地球の歩き方ぷらっと14)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2017/06/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




nice!(31)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

マルタに行ってきました!(4日目) [徒然日記]

四日目も残念ながら雨。ただ前日より小雨で、傘はいらないくらいです。ホテルのあるサンジュリアンから、バレッタまで渋滞を潜り抜け、港の駐車場に停めました。一日3€です。

DSC00505.JPG


バレッタはマルタの首都で最大の城塞都市です。港からはエレベータで街に登ります。マルタの都市はどこも城塞都市で、長い歴史の中で外敵にいかに苦しめられたかよく分かります。

DSC00508.JPG


バレッタから向かいの城塞都市スリーシティーズがよく見えます。

DSC00512.JPG


中に入ると、よくある欧州の街の風景が迎えてくれました。

DSC00523.JPG


最初に行ったのは「聖ヨハネ大聖堂」。マルタ騎士団の礼拝堂です。マルタの中でも一番の人気スポットなので少し時間がたつと長い行列になります。朝一で行くのがおすすめです。内装は目を見張るほどの、すごく煌びやかな装飾です。

DSC00543.JPG


次に行ったのが「騎士団長の宮殿」。ここでは騎士団の頃の武器が展示されています。中世の武器がずらっと並んでいるのは壮観です。

DSC00643.JPG


バレッタで買い物をして、名物のジェラートで舌鼓をうったあとに、小舟の風景で有名なマルサシュロックへ。

DSC00677.JPG


地中海料理でも有名な街です。ここでボンゴレスパゲッティを食べたのですが、こんなに美味しいボンゴレスパゲッティは初めてです。また食べたいなぁ。

DSC00689.JPG


少し街を散策したあとに向かったのが、古代遺跡の「ハジャーイム神殿」と「イムナイドラ神殿」。神殿は風雨から守るためにテントの下にありました。

DSC00721.JPG


神殿に入ると、なんとニャンコが出迎えてくれました。もすごく人懐こい猫で訪問者に愛嬌を振りまいてました。神殿の案内役ですね。かわいいー。

DSC00742.JPG


神殿を離れるころにはもう夕暮れ。カーナビでルートをセットすると、なんと小型車がやっと一台通れるくらいの極細道が案内されました。対向車が来ないように…石垣が崩れないように…と祈りながらノロノロ運転で500mほどの細道を通り抜けました。

DSC00778.JPG


5日目はいよいよ最終日!楽しい時はあっという間ですねぇ…。
(^^)/~






マルタ島大包囲戦

マルタ島大包囲戦

  • 作者: アーンル ブラッドフォード
  • 出版社/メーカー: 元就出版社
  • 発売日: 2011/04/01
  • メディア: 単行本



海賊と商人の地中海: マルタ騎士団とギリシア商人の近世海洋史

海賊と商人の地中海: マルタ騎士団とギリシア商人の近世海洋史

  • 作者: モーリー・グリーン
  • 出版社/メーカー: エヌティティ出版
  • 発売日: 2014/04/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



はじめてさんと歩くマルタ島:地中海からの水彩色鉛筆Lesson

はじめてさんと歩くマルタ島:地中海からの水彩色鉛筆Lesson

  • 作者: 杉原美由樹
  • 出版社/メーカー: マール社
  • 発売日: 2017/08/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




nice!(32)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

マルタに行ってきました!(3日目) [徒然日記]

マルタ島の三日目はあいにく雨。でも、今日からレンタカーです。借りててよかった。8時半から借りる約束だったので、8時20分くらいに近くのホテルのカウンターに行ったのですが、待てど暮らせど来ない。

電話しても、全くつながらず。1時間後にようやくやってきました。昨日のツアーの迎えといい、マルタ時間というのはこういうもののようです。ようやく3日お世話になる相棒に出会えました。

DSC00402.JPG


欧州はオートマはあまりないので、あらかじめ予約しておいたほうがよいです。私は、Rentacars.com というサイトを使いました。

マルタでは珍しい土砂降り中、娘とカミさんのリクエストのクラフトマンビレッジというところに向かいました。陶器や銀細工で有名な街らしいです。

DSC00405.JPG


クラフトマンビレッジは、観光客向けに町をおしゃれに改装中のようで工事の真っただ中。ぬかるむ道を通り抜けて、陶器のお店と銀細工のお店をはしごしました。

DSC00411.JPG


娘の戦利品のひとつ陶器の髪留めです。その他、銀細工の腕輪や、受験勉強中の息子へのお土産のマグカップを購入。カミさんは茶器一式を買っていきました。NYの百貨店Mercyにも納められている高級陶器や銀細工が格安で手に入るので、ここはお勧めですね。

DSC00413.JPG


その後、丘の上の城塞都市のエムディーナに向かいました。雨はまだまだ降り止む気配がありません。マルタは駐車場はだいたい側道に駐車エリアがあるので、適当に流しながら空いているところに停めました。

DSC00414.JPG


エムディーナには欧州からの観光客がたくさん来ていました。やはり、欧州の人には人気の観光地なんですね。

DSC00426.JPG


雨が降っているので、馬車に乗って町の中を一回りすることにしました。人数に関係なく一回35€なので悪くない値段です。(馬車の中は暗くて揺れるので、よい写真が撮れませんでした)

DSC00427.JPG


エムディーナの中にあるレストランで昼食をとったあと、雨が小降りになったので少し街を散策しました。街中は、中世の建物とオシャレなお店が微妙なバランスがとれていて、ちょっとしたテーマパークのようです。

DSC00434.JPG


次は、島の最北端にある「ポパイ村」というところに向かいます。映画「ポパイ」のロケがあった所らしいですが、ポパイの実写映画というものがあったのですね。知らなかった。

DSC00474.JPG


「ポパイ村」は、かなり田舎の道を通り抜けた先にありました。天気がよかったら絶景だっただろうなぁ。

DSC00475.JPG


マルタは日本と同じ左側通行で、紳士的なので安心して運転できます。ただ、都市部は道が狭く、一方通行が多い上、車が駐車しているので注意が必要です。あと交差点は全てラウンドアバウトなので、慣れていない人は最初は戸惑うかも知れません。

DSC00478.JPG


それから、レンタカー会社で借りたカーナビにも注意が必要です。一方通行が考慮されていない上、かなり無茶なルートを提案してくるので安易に信じてはいけません。Google Map のほうが正確です。日本で忘れずにポケットWi-Fiを借りていきましょう。

4日目は、マルタの首都バレッタ、小舟のカラフルな景色が有名なマルサシュロック、古代遺跡のハジャールイム神殿に行く予定です。
(^^)/~





14 地球の歩き方 Plat マルタ (地球の歩き方ぷらっと14)

14 地球の歩き方 Plat マルタ (地球の歩き方ぷらっと14)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2017/06/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



まるごとマルタのガイドブック

まるごとマルタのガイドブック

  • 作者: 林 花代子
  • 出版社/メーカー: 亜紀書房
  • 発売日: 2017/09/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



はじめてさんと歩くマルタ島:地中海からの水彩色鉛筆Lesson

はじめてさんと歩くマルタ島:地中海からの水彩色鉛筆Lesson

  • 作者: 杉原美由樹
  • 出版社/メーカー: マール社
  • 発売日: 2017/08/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




nice!(35)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

マルタに行ってきました!(2日目) [徒然日記]

二日目は、朝から晴天。ゴゾ島・コミノ島へのツアーのバスを待っている間にホテル周辺の風景を撮ってきました。

DSC00223.JPG


しかし、いくら待てどもバスが来ない…。事務所に電話をしたら、なんと記載されていた電話番号が間違っていて連絡がとれない。これは困りました。

途方にくれていたら、電話のやりとりを見ていたホテルの人が助けてくれました。小さな島なので、申し込んだ事務所は心あたりがあるらしく、連絡して迎えをよこしてくれました。マルタの人優しい。


無事フェリーに乗り、いざゴゾ島へ!

DSC00241.JPG


とても美しい港につきました。地中海に来たんだなーと実感します。

DSC00269.JPG

港でバスに乗って、タピーヌ教会というところにつきました。きれいな教会で、娘大喜び。

DSC00275.JPG


その後、昼食時間ということもあり、この島の唯一の町ビクトリアへ。町に中心にある城塞チダデルに行ってきました。

DSC00289.JPG


城塞の中はこんな感じになっています。

DSC00296.JPG


町で昼食をとった後に、港に戻り今度はコミノ島へ。駆け足のツアーですね。

DSC00323.JPG


コミノ島は、何もありませんが海の色がすごい綺麗でした。しかし、水温が冷たい!こんな冷たいのに泳いでいる人がたくさんいたのにびっくり。たくましいなぁ。

DSC00331.JPG


近くから海を見ると、エメラルドグリーンに光ってます。

DSC00351.JPG


駆け足のツアーでしたが、コミノ島を出るころには夕暮れが…。楽しい一日はあっという間です。

DSC00357.JPG


マルタ島の港にもどると、きれいな夜景が迎えてくれました。

DSC00366.JPG


三日目からはレンタカーを借りて、マルタ島を周ってきます。
(^^)/~





地中海のとっておきの島 マルタへ 最新版 (旅のヒントBOOK)

地中海のとっておきの島 マルタへ 最新版 (旅のヒントBOOK)

  • 作者: 乾 明子
  • 出版社/メーカー: イカロス出版
  • 発売日: 2015/07/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



14 地球の歩き方 Plat マルタ (地球の歩き方ぷらっと14)

14 地球の歩き方 Plat マルタ (地球の歩き方ぷらっと14)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2017/06/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



はじめてさんと歩くマルタ島:地中海からの水彩色鉛筆Lesson

はじめてさんと歩くマルタ島:地中海からの水彩色鉛筆Lesson

  • 作者: 杉原美由樹
  • 出版社/メーカー: マール社
  • 発売日: 2017/08/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



マルタ島大包囲戦

マルタ島大包囲戦

  • 作者: アーンル ブラッドフォード
  • 出版社/メーカー: 元就出版社
  • 発売日: 2011/04/01
  • メディア: 単行本




nice!(33)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

マルタに行ってきました!(1日目) [徒然日記]

まだまだ忙しい最中ですが、ずっと働き詰めだったので強引に1週間休暇をとって地中海の島国のマルタに行ってきました!マルタにはドバイ経由でいきます。

DSC00039.jpg

飛行機からきれいに東京の街並みが見えました。中央の赤く光っているのが東京タワーです。

DSC00052.JPG

ドバイへは中国大陸経由です。

DSC00059.JPG

12時間経過後、ドバイの夜景が見えてきました。時刻は現地時間で朝の4時過ぎ!

DSC00068.JPG

空港は早朝だというのにとても賑やかです。さすが24時間眠らない空港と言われるだけあります。空港のデューティーフリーで、たくさんのラクダが迎えてくれました。

DSC00072.JPG

朝7時の飛行機に乗り、いざマルタへ!

DSC00090.JPG

サウジアラビアの空に珍しく雲が出ていました。

DSC00101.JPG

マルタに行く前にキプロスに寄ります。キプロスまでの航路が世界情勢を表していたので思わずパチリ。見事にイラクとイスラエルを避けています。

DSC00113.JPG

キプロス島の風景です。

DSC00117.JPG

キプロス島からマルタ島に行く途中でエーゲ海の島々が見えてきました。きれいですね。

DSC00146.JPG

マルタ島にようやくつきました!実に18時間(トランジット含む)!長かったー。

DSC00167.JPG

到着するなり、その足で娘のリクエストでアフタヌーンティーへ。ロンドン・フォーションのアフタヌーンティーよりも美味しかったです。お茶を飲んで少し元気が出てきました。

DSC00178.JPG

ようやくホテルに到着。ホテルはマルタのサンジュリアンという都市にある「チューリップ・ビバルディ」という4つ星ホテルです。

DSC00210.JPG

ホテルに着いて、マルタ名産のビールでほっと一息。

DSC00216.JPG

このビールは、のど越しが軽くてついついグイグイ飲んでしまいます。次の日は近くの島のゴザ島・コミノ島へのツアーです。
(^^)/~





14 地球の歩き方 Plat マルタ (地球の歩き方ぷらっと14)

14 地球の歩き方 Plat マルタ (地球の歩き方ぷらっと14)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2017/06/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



まるごとマルタのガイドブック

まるごとマルタのガイドブック

  • 作者: 林 花代子
  • 出版社/メーカー: 亜紀書房
  • 発売日: 2017/09/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



はじめてさんと歩くマルタ島:地中海からの水彩色鉛筆Lesson

はじめてさんと歩くマルタ島:地中海からの水彩色鉛筆Lesson

  • 作者: 杉原美由樹
  • 出版社/メーカー: マール社
  • 発売日: 2017/08/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




nice!(36)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー