So-net無料ブログ作成
ちょっと気になるトンデモ学説! ブログトップ
前の10件 | -

海底には知性を持った巨大な生物がいるのか!? [ちょっと気になるトンデモ学説!]

先日、仕事で疲れて帰ってテレビをつけたら、モーガンフリーマンの「時空を超えて」がやっていました。私が大好きな番組のひとつです。だいたい知っているような内容ばかりなので”ながら見”する程度なのですが、先日の番組はちょっと変わった視点でびっくりしました。


morganfreeman.jpg
http://www4.nhk.or.jp/P3452/


題名は「海は思考するのか?」。きっと生物の起源は海とかそういう内容だろうと思ったのですが、まったく違いました。まさに題名通り!海は知的生命体か?ということを検証しようという内容でした。ちょっとぶったまげました。


deepsea.jpg


内容も眉唾なものではありません。はっきり言うと大半はどうでもいい内容だったのですが、私が興味を持ったのは海底の嫌気性の水棲細菌のふるまいです。

哺乳類をはじめとした酸素を呼吸する生物の多くはミトコンドリアが生成するエネルギーで生命を維持しています。ミトコンドリアは糖を分解して余った電子を酸素に預けて水にして放出します。つまり呼吸するとは、ミトコンドリアが電子を酸素に預けて放出する過程のことに他なりません。


mitocondoria.gif
http://www.seibutsushi.net/blog/2008/12/643.html


一方、嫌気性の水棲細菌は激しい化学反応をする酸素を嫌います。かわりに水溶金属を酸素替わりにエネルギー代謝に使っています。

そこで、ある科学者が金属がまったく溶けていない水の中で水棲細菌がどうなるか試してみました。当然、死滅すると思われたのですが…。


cell.jpg


なんと、水棲細菌どうしが細かい毛のようなものを縦横無尽に張り巡らしつながり、しぶとく生き残っていたのです。どうもお互い電子の受容体を融通することで代謝を実現していたようです。この構造に非常に似たものがありますよね。そうです、私たちの脳です。


neuron.jpg


酸素が十分に届かない海底には嫌気性の水棲細菌がうようよしています。しかも穏やかな海底の泥の中は十分に金属が循環しない可能性が大きいです。二酸化炭素が濃いところにいるようなものですよね。

そのようなところの水棲細菌はお互いがつながり巨大なネットワークを作っている可能性が高いです。それは、何かしらの知性のようなものをもっていてもおかしくありません。

いやー、まったく新しい視点ですね。海底には知性をもつ巨大な怪物が潜んでいる。ちょっと怖いですけど、ロマンがありますね!
(^^)/~





ミトコンドリア・ミステリー―驚くべき細胞小器官の働き (ブルーバックス)

ミトコンドリア・ミステリー―驚くべき細胞小器官の働き (ブルーバックス)

  • 作者: 林 純一
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2002/11/20
  • メディア: 新書



代謝ナビゲーション ミトコンドリアを中心とする代謝ネットワーク

代謝ナビゲーション ミトコンドリアを中心とする代謝ネットワーク

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: メディカルサイエンスインターナショナル
  • 発売日: 2017/10/10
  • メディア: 単行本



海のトワイライトゾーン-知られざる中深層生態系 (ベルソーブックス 34)

海のトワイライトゾーン-知られざる中深層生態系 (ベルソーブックス 34)

  • 作者: 齊藤 宏明
  • 出版社/メーカー: 成山堂書店
  • 発売日: 2010/03/28
  • メディア: 単行本




nice!(29)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

インターステラー天体 A/2017 U1 の形状が明らかに!これは!? [ちょっと気になるトンデモ学説!]

最近、気になってしょうがないインターステラー天体ですが、またもや驚きのニュースが入ってきました。いやー、興味つきない天体です。

少し前から、この天体すごい細長いんじゃないの?という噂が出ていましたが、ついにあのNASAがその解析結果を公表しました。


interstellar_asteroid_faq_0.jpg
https://www.nasa.gov/planetarydefense/faq/interstellar


なんと、これはどう見ても葉巻型UFO。でもUFOと違うのは回転しながら進んでいるということ。こんな感じのようです。




でも、これって昔の宇宙船や宇宙ステーションを彷彿とさせませんか?葉巻型UFOよりもリアルな探査機を彷彿とさせます。これは1960年代にNASAが考えた宇宙ステーションの姿です。


Artificial_Gravity_Space_Station_-_GPN-2003-00104.jpg


ほとんどのニュースがこの天体を岩石で構成されていると言っているようですが、NASAは実はそんなこと言っていないのですよね。こちら抜粋です。


Regarding its composition, observations suggest this object is similar to many asteroids found in our solar system – dense, possibly rocky or even metallic.The object’s surface is somewhat reddish due to effects of irradiation from cosmic rays over millions of years. 



岩石もしくは金属!と言っています。表面は赤っぽいようですね。NASAによると長い間宇宙線にさらされたせいだろうと言っていますが、、、

これがもしロス128からの探査機だとしたら?ロス128は赤色矮性です。つまり赤い世界の文明で作られた構造物だと考えると全体が赤色というのは彼らにとっては自然なのかも知れません。

しばらく、このミステリアスなインターステラー天体から目が離せません。
(@ _ @ )





インターステラー [Blu-ray]

インターステラー [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray



コンタクト [Blu-ray]

コンタクト [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray



UFOと地球外文明の謎 (ほんとうにあった!?世界の超ミステリー)

UFOと地球外文明の謎 (ほんとうにあった!?世界の超ミステリー)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2014/02/14
  • メディア: 単行本




nice!(26)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

インターステラー天体 A/2017 U1 は ロス128b からの探査機か!? [ちょっと気になるトンデモ学説!]

太陽系外から来た探査機ではないかと世間を騒がせたインターステラー天体 A/2017 U1。現在、火星と木星の間を順調に航行中です。そんななか、僅か11光年先にある赤色矮性ロス128に地球型天体があることが判明しました。ロス128bという惑星です。


ET.jpg
地球サイズの惑星が新たに発見される。高まってきた生命体発見。
http://karapaia.com/archives/52249401.html


しかも、この赤色矮性 「ロス128」 は、今年に入ってアレシボ天文台が不思議なシグナルが検出したと話題になった恒星系です。昨年も95光年先の恒星から怪しげな電波を受信するなど、観測技術が進むにつれて次第に宇宙が騒がしくなってきました。


やつらじゃなかった...おとめ座の赤色矮星「ロス128」から発せられた謎の電波シグナルの正体が明らかに!?
http://karapaia.com/archives/52243033.html


この信号については例によって静止衛星の信号じゃねえの?ということで落ち着いたのですが、ちょっと待ってほしい。

ひょっとしたら、これはロス128bからインターステラー探査機へ観測開始を指示するための制御シグナルだったのかも知れません。そうだとすると、地球に向かって信号が発せられたということに辻褄があいます。

今もインターステラー探査機からロス128bに観測データが送られているかも知れません。しかし、我々には地球からロス128b向けの電波は知るすべもありません。そう遠くない未来にロス128からの信号が再び検出されたら、、、いよいよ未知との遭遇への期待が高まりますね。
(^^)/~





宇宙人に、いつ、どこで会えるか? ―地球外生命との遭遇

宇宙人に、いつ、どこで会えるか? ―地球外生命との遭遇

  • 作者: 二間瀬 敏史
  • 出版社/メーカー: さくら舎
  • 発売日: 2017/07/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



五〇億年の孤独:宇宙に生命を探す天文学者たち

五〇億年の孤独:宇宙に生命を探す天文学者たち

  • 作者: リー・ ビリングズ
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2016/03/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



コンタクト [Blu-ray]

コンタクト [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray




nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【もはやオカルト】量子力学と人間原理と多元宇宙論 (゚~゚) [ちょっと気になるトンデモ学説!]

量子力学を少しかじった人なら、「人間原理」というものを聞いたことがあると思います。

量子力学的には観測されないものは状態が特定されません。つまり観測されないものは、在るとも言えるし、無いとも言える、言わばゴーストのような存在ということです。シュレディンガーの猫が思考実験として有名ですよね。


Schrodingers_cat.svg.png


でも、私たちの世界は在るものはあるし、無いものはない。つまり人間という観測者がいるからこそ、ものが存在するという解釈です。さらに言うなら、人間という存在がいるから宇宙が存在するという、言わばトンデモ理論です。

こんなことが大真面目に語られている物理学という世界は、すでにオカルトですね。


一方で、多元宇宙論という宇宙理論があります。量子力学的にモノが観測された時にある一つの状態だけに収れんするのは説明できませんので、逆に確率的に考えられるすべての状態が存在するという理論です。

つまり観測者が観測するとゴーストのような存在が、現実化することになるのですが、その時に全ての確率の状態が無数に現実化し、宇宙が無数に分岐するという考え方です。生きている間に何か見る・感じるという行為のたびに無数の世界に分岐していくことになります。オカルトですねー。


multiuniverse.jpg


でも、もし観測者一人に対して状態が一意に決まるとしたら少し話が変わります。つまり一つのものに対して複数の観測者がいたら、それぞれの観測者が異なる風景を見ることになります。

となると、一人ひとりの人は異なる宇宙を見ている、つまり観測者それぞれに宇宙が存在する。もっとつきつめて考えると、観測者そのものが一つの宇宙であるという論理も成り立つように思います。


human universe.jpg


そうすると多元宇宙論も丸く収まりますし、最近は多元宇宙が互いに影響しあっているという新理論が提唱されているのですが、それも観測者同士が観測することでつじつまが合います。

でも自分が死んでしまったら、自分の内なる宇宙が消えることになります。きっとその時は在るともいえるし、無いともいえるゴーストに帰ってしまうのかな?なーんて事を秋の夜長に考えてしまいました。
(^^)/~





Newton なぜ宇宙は人間に都合がよいのか?

Newton なぜ宇宙は人間に都合がよいのか?

  • 出版社/メーカー: 株式会社ニュートンプレス
  • 発売日: 2016/12/26
  • メディア: Kindle版



宇宙は本当にひとつなのか―最新宇宙論入門 (ブルーバックス)

宇宙は本当にひとつなのか―最新宇宙論入門 (ブルーバックス)

  • 作者: 村山 斉
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/07/21
  • メディア: 新書



マルチバース宇宙論入門 私たちはなぜ〈この宇宙〉にいるのか (星海社新書)

マルチバース宇宙論入門 私たちはなぜ〈この宇宙〉にいるのか (星海社新書)

  • 作者: 野村 泰紀
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/07/26
  • メディア: 新書




nice!(27)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ついに来たか!?太陽系外からの地球探査機!? [ちょっと気になるトンデモ学説!]

太陽系外からの謎の飛来物がネットで話題になっています。物体の大きさは400m以下の大きさで、秒速25km程度の高速で向かってきているとのこと。眉唾なニュースなのかなと思ったのですが、 NASA のサイトを確認してみたら、確かに太陽系外からの物体が太陽系に向かっている模様。


https://www.nasa.gov/feature/jpl/small-asteroid-or-comet-visits-from-beyond-the-solar-system
2017_u1.gif


これって地球を探査するために向かってきてないですか!?軌道を拡大したものがこちらです。


a2017_u1_v2a.jpg


太陽に向かって打ち上げられた探査機が太陽の重力を使ってフライバイして、黄道面を横切るときに地球と最接近するようになっています。地球に向けて探査機を打ち上げるよりも確実な方法なように思えます。

数百メートルあるとすると探査機としてはかなり大きいのでひょっとしたら推進器をもっているのかも知れません。地球を過ぎたあたりで減速しだして、彗星軌道になったら見ものですね。

アーサーCクラークの「宇宙のランデブー」が現実のものになるかも知れません。夢が膨らみます。
(^^)





宇宙のランデヴー 〔改訳決定版〕 (ハヤカワ文庫SF)

宇宙のランデヴー 〔改訳決定版〕 (ハヤカワ文庫SF)

  • 作者: アーサー・C. クラーク
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2014/02/07
  • メディア: 文庫



本当は怖い宇宙のはなし ---宇宙旅行に出かける前に読んでおく本! (KAWADE夢文庫)

本当は怖い宇宙のはなし ---宇宙旅行に出かける前に読んでおく本! (KAWADE夢文庫)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/07/17
  • メディア: 文庫



宇宙は生命でいっぱい?―惑星探査が明らかにする新しい宇宙

宇宙は生命でいっぱい?―惑星探査が明らかにする新しい宇宙

  • 作者: アラン・ボス
  • 出版社/メーカー: エヌティティ出版
  • 発売日: 2012/01/16
  • メディア: 単行本




nice!(29)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

中国の宇宙ステーションが制御不能で墜落。いつ頃?どれくらいの被害? [ちょっと気になるトンデモ学説!]

中国の宇宙ステーション「天空1号」が制御不能に陥り、地表に落ちてくると話題になっています。どれくらいの大きさで、いつごろ落ちてくるのか調べてみました。


tenku.jpg


最も分析された記事はこちら。


制御不能状態の中国の宇宙ステーション「天宮1号」は2018年1月前後に「地球のどこか」に落ちると予測 http://gigazine.net/news/20170919-china-tiangong-1-crash-back-early-2018/


落下時期は2017年12月から2018年2月頃。宇宙ステーションの大きさは約10m、重さは8.5t 。巨大な構造物です。墜落が予想される範囲は北緯43度から南緯43度の間。日本はすっぽり入っています。


worldmap.png


これを見ると本当に制御不能なんだなと分かります。


早い時期に落ちる場合は、大気圏への入射角度が深くスピードも速いため燃え尽きる公算は大きいですが、2月頃に落ちる場合は、入射角が浅くスピードが落ちてから大気圏に突入するので、燃え尽きずに大きな部品はそのまま落ちて来るかも。。。((((;゚Д゚))))

また、気になるのは推進剤のヒドラジン。強烈な毒性のある薬物です。ちょっと怖いですが推進剤ということは酸化しやすいということ。空気(酸素)に触れたらどうなるか、化学式を調べてみました。

NH2NH2(ヒドラジン) + O2(酸素) → N2(窒素) + 2H2O(水)

燃え尽きてくれれば問題はなさそうです。よかった。

日本の空は、ミサイル、小惑星、宇宙ステーションと油断できませんね。はぁ~。
(´・ω・`)





手作りロケット入門―火薬エンジンのロケットを作ろう!飛ばそう!

手作りロケット入門―火薬エンジンのロケットを作ろう!飛ばそう!

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 誠文堂新光社
  • 発売日: 2003/03
  • メディア: 単行本



How to Make a Spaceship: A Band of Renegades, an Epic Race, and the Birth of Private Spaceflight

How to Make a Spaceship: A Band of Renegades, an Epic Race, and the Birth of Private Spaceflight

  • 作者: Julian Guthrie
  • 出版社/メーカー: Penguin Press
  • 発売日: 2016/09/20
  • メディア: ハードカバー



Make: Rockets: Down-to-Earth Rocket Science

Make: Rockets: Down-to-Earth Rocket Science

  • 出版社/メーカー: Maker Media, Inc
  • 発売日: 2014/08/21
  • メディア: Kindle版




nice!(31)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

10月12日に小惑星が地球をかすめる ((((;゚Д゚)))) [ちょっと気になるトンデモ学説!]

明日、10月12日に小惑星が地球をかすめるという話題がネット上で取りざたされているので、どれぐらいの距離をかすめるのか調べてみました。


asteroid_sweeping.png


カラパイアによると距離は 68,000km 。なんだそれほど近くないじゃんと思うところですが、実は静止軌道のすぐ近く。気象衛星ひまわりのすぐ近くをかすめる感じです。


asteroid.png


大きさは10m-30m くらい。気象衛星ひまわりが8m位の大きさですのでぶつかったら一撃で粉砕です。実際の軌道の様子はこちら。


2012-TC4-orbit-animation-800.gif
http://earthsky.org/space/near-earth-asteroid-2012-tc4-close-pass-october-2017


これが地球に落ちてきたとしたら、どの程度の爆発力か試算してみました。

前回ロシアに落ちた隕石は17m程度の大きさで、だいたいTNT火薬500キロトン程度と言われていますので、単純にその2倍と考えるとTNT火薬1000キロトンくらいにはなりそうです。広島型原爆が15キロトン換算ですので、1000キロトンというと、広島型原爆の60倍程度ですね。

ただ、そのエネルギーがすべて地表で開放されるわけでなく、空中を滑空しているときにも開放されますので、広島型原爆60倍のものよりも被害ははるかに小さいでしょう。

しかし、ツングースカ隕石が5000キロトンということですので、その1/5だとしても都市部に落ちれば壊滅的な打撃を受けるのは間違いないです。

ミサイルも怖いですが、宇宙から降ってくる撃墜不可能な物体にも目が離せません。
(@_@;





バンダイ 65280 大人の超合金 小惑星探査機 はやぶさ(初回生産分限定特典付き)

バンダイ 65280 大人の超合金 小惑星探査機 はやぶさ(初回生産分限定特典付き)

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



Kenko パソコンプラネタリウムソフト 星空散歩ライトII  698310

Kenko パソコンプラネタリウムソフト 星空散歩ライトII 698310

  • 出版社/メーカー: ケンコー
  • メディア: Camera



天体衝突 (ブルーバックス)

天体衝突 (ブルーバックス)

  • 作者: 松井 孝典
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2014/04/18
  • メディア: 新書




タグ:衝突 小惑星
nice!(32)  コメント(2) 

UFO撮影しちゃったかも!?(@_@;) [ちょっと気になるトンデモ学説!]

カミさんと娘が横浜に出かけている最中に、雷鳴のない雷を発見。気持ち悪いねーとスマホで写していたら、なんとUFOらしき発光体を撮影しちゃったみたいです!いやー、ほんとにこんなことあるんですねぇ。





肉眼で見ると何も見えなかったようですが、スマホを通してみると見えたようです。ということは近赤外線で発光していたということですね。

雷と関係しているように見えないのでプラズマではないですねぇ。スマホの動きに連動しているようにも見えますが、ピンぼけすると発光体もピンぼけするのでゴミとかではなさそうです。

昆虫とかだったら、肉眼で分かりそうだし。この動きに最も近いのは、何かの照準ですね。厚木基地で何かやってたのかな。うーん、さっぱりわからん。
(。-`ω´-)








タグ:UFO 発光体
nice!(31)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

草食恐竜が甲殻類も食べていた!?巨大恐竜は水棲生物? [ちょっと気になるトンデモ学説!]

草食恐竜が実は甲殻類も食べていたという研究結果が報告されたようです。


草食恐竜、実は甲殻類も食す 米ユタ州のふんの化石から判明
http://www.afpbb.com/articles/-/3143848


ふんの持ち主は不明なのですが、かものはしの様な口ばしを持つハドロサウルスではないかと考えられています。


Hadrosaurs.jpg


このニュースを見て、子供のころから漠然と思い描いていた考えが甦ってきました。それが何かというと、ブラキオサウルスなどの超巨大恐竜は実は水の中に生息していたのではないかということ。例えばこんな感じに。


Brachiosaurus.jpg


理由は、もちろん巨大な体を地上で支えられる訳がないんじゃないの?ということに加え、鼻の位置です。大型恐竜はおしなべて鼻の位置が上にあります。あとは足の形です。足の形が象やカバに似てますよね。


brachinose.jpg


当時の気温は今よりもはるかに暖かかったといわれています。恐らく氷河や極氷がなかったでしょう。今よりも遥かに高い位置に水面があったと思われます。すなわち平原はほとんど湿地帯だったと思います。


湿地帯.jpg


大型恐竜が生息できる大きな平地はほとんどなく、湿地帯でカバのように生息していたのではないでしょうか?こんな学説は聞いたこともないので、眉唾ではあるとは思いますけど、ちょっと面白くありませんか?
(^ω^)







nice!(36)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

迫るカッシーニのグランドフィナーレ!土星の環は1億年前に形成は本当? [ちょっと気になるトンデモ学説!]

カッシーニがいよいよ燃料切れで20年のミッションを終了します。タイタンやエンケラドスはじめ衛星の詳細な調査や、土星の不思議な現象・気象の観測など、ボイジャーやガリレオに並ぶ多くの成果をもたらしてくれた探査機でした。


CassiniGrandFinale.png


グランドフィナーレでどんな観測結果が得られるか楽しみですね。


ところで、土星の環がいつ頃できたか疑問に思ったことはないでしょうか?少し前ですがハッブルの映像解析で、土星の環はたった1憶年前に形成された、という学説が発表されていました。


Saturn's Moons and Rings May Be Younger Than the Dinosaurs
https://www.space.com/32378-saturn-rings-and-moons-younger-than-dinosaurs.html


土星の環の明るさから考えると、1億年くらい前が妥当という説です。この学説を聞いたときに、”1憶年以上前とはいえ、輪のない土星なんて土星じゃねーよ。”と、ちょっとがっかりしたものでした。

が、我らがカッシーニが土星の環の詳細な観測をしたところ、どうも誕生時点から土星に環があったらしいということが裏付けられそうです。


saturns_ring.jpg
土星は、生まれたときから「リングの惑星」?
https://www.astroarts.co.jp/news/2007/12/18saturn_ring/index-j.shtml


百聞は一見にしかず。この論争に決着がつくのもそう遠くなさそうですね。

カッシーニの最後のミッションで、土星の大気から見える環の映像が送られてきたら最高なのですが、大気への突入でそれどころじゃないかな。どんな形の最後であれ、20年間夢をありがとう。

しかし、カッシーニも20年かぁ。オレも年取るわけだ…。
(´・ω・`)





土星: 第六惑星写真集

土星: 第六惑星写真集

  • 出版社/メーカー: 株式会社ブックブライト
  • 発売日: 2014/09/15
  • メディア: Kindle版






Cassini: Unlocking the Secrets of Saturn (Xtreme Spacecraft)

Cassini: Unlocking the Secrets of Saturn (Xtreme Spacecraft)

  • 作者: John Hamilton
  • 出版社/メーカー: A&d Xtreme
  • 発売日: 2017/09
  • メディア: 図書館




nice!(32)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - ちょっと気になるトンデモ学説! ブログトップ