So-net無料ブログ作成

ソニーからAndroid Wear製品発売(SmartWatch3) [Android]

久しぶりにAndroidネタになります。ソニーからAndroid Wear製品が出るというアナウンスが夏頃にあったのですが、いよいよ今月末に発売となるようですね。


ソニー初のAndroid Wear端末 SmartWatch 3 は11月下旬発売、2万5000円前後
http://japanese.engadget.com/2014/09/24/android-wear-smartwatch-3-11-2-5000/


ソニーのホームページを見たらすでに製品紹介ページがありました。


SmartWatch3.png
http://www.sonymobile.co.jp/product/smartwear/swr50/


週末のジョギングや歩数で健康管理をしている私にとってはライフログ機能に興味ありです。

価格は安いので衝動買いしてもあまり後悔はしなさそうですが、慎重派の私は店頭でデバイスの魅力を確認してから購入を決めたいと思います~。面白いアプリを息子と作るのが目的ですけどね。
(^_^)/~





Professional Android Wearables

Professional Android Wearables

  • 作者: David Cuartielles Ruiz
  • 出版社/メーカー: Wrox
  • 発売日: 2015/02/17
  • メディア: ペーパーバック



The (Unofficial) Android Wear SmartWatch Book: Applicable to the LG G Watch, Samsung Gear Live, Motorola Moto 360, and other Android Wear watches

The (Unofficial) Android Wear SmartWatch Book: Applicable to the LG G Watch, Samsung Gear Live, Motorola Moto 360, and other Android Wear watches

  • 出版社/メーカー: LOTONtech (as smartwatchbooks.info)
  • 発売日: 2014/07/15
  • メディア: Kindle版



モトローラ Moto 360 Watch スマートウォッチ Android Wear 【並行輸入品】

モトローラ Moto 360 Watch スマートウォッチ Android Wear 【並行輸入品】

  • 出版社/メーカー: モトローラ
  • メディア: エレクトロニクス




タグ:Android wear

Android Wear の User Interface について調べてみた [Android]

Android Wear の操作の仕方がイマイチ分からないので User Interface について調べてみました。

http://developer.android.com/design/wear/index.html
0 Android Wear.png


Android Wear には大きく二つの概念「Suggest」と「Demand」があります。

Suggest は、カード型のユーザーインターフェースで場所や時間、SNS投稿などさまざまなイベントに応じて Android Wear から通知を行うものです。


1 Suggest Context Stream.png


カードは上下のスワイプで変えていき、チェックインやメールの返答が必要なカードは左にスワイプすることでアクションを行うことができます。ユーザー操作のサンプルがありましたので貼っておきます。


5 Notification Flow Sample.png




Demand は、ユーザーの要求でアプリを起動して操作するものです。アプリは Cue Card というアプリリストの中から選択します。”OK Google”と声で呼び出すこともできますし、画面タップで呼び出すこともできます。

3 Demand The Cue Card.png


Cue Card にはボイスコマンドに対応したアプリがリストとして提示されるようです。またボイスコマンド一発でアプリを起動する方法もあるようです。サンプルがありましたので、その一例を貼っておきます。


7 User Driven Sample.png


Android Wear の世界を理解するには、「Suggest」 と 「Demand」 の二つの概念を理解しないといけないみたいです。ここのPDFファイルがユースケースを交え一番分かりやすかったので、興味ある方はぜひのぞいてみてください。
(^_^)/~


関連記事
Android Wearサンプルアプリ「SkeletonWearableApp」 を Android Studio で動かしてみた。
http://makers-with-myson.blog.so-net.ne.jp/2014-09-07

Android Studio をインストールしてみた
http://makers-with-myson.blog.so-net.ne.jp/2014-09-06

Android SDK で Android Wear を試してみる(4)
http://makers-with-myson.blog.so-net.ne.jp/2014-08-31

Android SDK で Android Wear を試してみる(3)
http://makers-with-myson.blog.so-net.ne.jp/2014-08-30







A Newbies Guide to Android Wear

A Newbies Guide to Android Wear

  • 出版社/メーカー: Minute Help Guides
  • 発売日: 2014/07/30
  • メディア: Kindle版



Professional Android Wearables

Professional Android Wearables

  • 作者: David Cuartielles Ruiz
  • 出版社/メーカー: Wrox
  • 発売日: 2014/12/15
  • メディア: ペーパーバック



The (Unofficial) Android Wear SmartWatch Book: Applicable to the LG G Watch, Samsung Gear Live, Motorola Moto 360, and other Android Wear watches

The (Unofficial) Android Wear SmartWatch Book: Applicable to the LG G Watch, Samsung Gear Live, Motorola Moto 360, and other Android Wear watches

  • 出版社/メーカー: LOTONtech (as smartwatchbooks.info)
  • 発売日: 2014/07/15
  • メディア: Kindle版




タグ:Android wear

Android Wearサンプルアプリ「SkeletonWearableApp」 を Android Studio で動かしてみた。 [Android]

前回、Android Studio でサンプルアプリ「SkeletonWearableApp」のビルドまで成功したので動かしてみたいと思います。

まず Android Wear Emulator を起動するため 「AVD Manager」 を起動します。アイコンクリックで起動します。

1 AVD manager.png


自分で定義した Android Wear Emulator を選択します。

2 AVD manager.png


すると別ウィンドウで Emulator が起動します。

3 Android Wear Virtual Device.png



これで、「SkeletonWearableApp」を動かす準備ができたので「Run」ボタンを押します。

6 run the program.png



デバイス選択画面が出てくるので、Emulator を選択します。

7 device chooser.png


SkeletonWearableApp が動きました!

8 Android Wear Skeleton App.png


"ShowNotification" を押すと下記のようなメッセージが表示されました。

a show notification.png


左にスワイプすると下記の"Launch Activity"という画面が出てきました。

a-1 notification to launch activity.png


クリックすると下記画面が出てきます。意味不明です。

a-2 notification activity.png


"StartTimer(5sec)"を押すと下記のようなタイマーが動きました。

b start timer.png


”Finish Activity”でアプリが終了します。


一度インストールしたアプリは下記の方法でまた動かすことができます。

1.ホーム画面をクリックします。すると下記のような画面に変わります。

c touch screen.png


2.画面の下のほうに”Start”というメニューが現れます。

d start.png


3.クリックするとアプリリストが現れるので起動したいアプリを選択します。

e app list.png


現物が無いせいもあるかも知れませんが、どうも私には直感的には操作できません。もう少し Android Wear の設計思想を理解する必要がありそうです。
σ(ー^ー;)


<関連記事>
Android Studio をインストールしてみた
http://makers-with-myson.blog.so-net.ne.jp/2014-09-06

Android SDK で Android Wear を試してみる(4)
http://makers-with-myson.blog.so-net.ne.jp/2014-08-31

Android SDK で Android Wear を試してみる(3)
http://makers-with-myson.blog.so-net.ne.jp/2014-08-30





Android StudioではじめるAndroidプログラミング入門

Android StudioではじめるAndroidプログラミング入門

  • 作者: 掌田 津耶乃
  • 出版社/メーカー: 秀和システム
  • 発売日: 2014/04
  • メディア: 単行本



A Newbies Guide to Android Wear

A Newbies Guide to Android Wear

  • 出版社/メーカー: Minute Help Guides
  • 発売日: 2014/07/30
  • メディア: Kindle版



Professional Android Wearables

Professional Android Wearables

  • 作者: David Cuartielles Ruiz
  • 出版社/メーカー: Wrox
  • 発売日: 2014/12/15
  • メディア: ペーパーバック




Android Studio をインストールしてみた [Android]

Android Studio で Android Wear のサンプルをコンパイルするところまでやってみたのですが、いろいろと苦労したのでメモを兼ねて記録。

Android Studio を Google のサイトからダウンロードしてきます。

https://developer.android.com/sdk/installing/studio.html
0 Download.png



インストールの際にはJAVA_HOMEの環境変数を設定しなければならなさそうです。

https://developer.android.com/sdk/installing/index.html?pkg=studio
1 install_howto.png



JDK1.7が必要なようなので、Oracleのサイトからダウンロードしてインストールしておきます。

http://www.oracle.com/technetwork/jp/java/javase/downloads/jdk7-downloads-1880260.html
2 JDK1_7 Download.png



環境変数を設定しておきます。環境変数はシステムプロパティの環境変数で設定できます。

3 setting JAVA_HOME.png



Android Studio をインストールします。パッケージャーはやや古いものを使っているようです。

4 install.png



Android Studio を起動します。

5 android studio startup.png



プロジェクト作成の画面が現れるので、既存プロジェクトのインポートでWearableのサンプルプログラムを指定します。

6 welcome android studio.png

7 importing sample app.png



最初はプロジェクトが開くまで時間がかかります。プログラムの依存関係を見て必要なライブラリをクラウドからインストールしているみたいです。賢いなぁ。

8 building project.png


ようやくプロジェクトが開きましたが、コンパイルエラーが出てしまいました。

Could not find any version that matches com.android.support:wearable:1.0+
9 android studio build error.png


com.android.support:wearable:1.0+ のライブラリをあちこち探してようやく下記サイトに巡り合いました。Android SDK Manager で「Google Repository」をインストールしなければならないようです。

http://stackoverflow.com/questions/24461705/android-wear-eclipse-not-recognizing-support-library
a to avoid android_support_werable error.png




管理者権限で Android Studio を起動しないとライブラリのインストールに失敗するので Android Studio を起動しなおします。Android SDK Manager はツールバーのアイコンで起動できます。

b android studio sdk manager.png


「Google Repository」をインストールした後、ビルドしたらエラーがなくなりました。

c make project.png


とりあえず今日はここまで。明日、動作にチャレンジしたいと思います。
(^_^)/~


<関連記事>
Android SDK で Android Wear を試してみる(4)
http://makers-with-myson.blog.so-net.ne.jp/2014-08-31

Android SDK で Android Wear を試してみる(3)
http://makers-with-myson.blog.so-net.ne.jp/2014-08-30






Android StudioではじめるAndroidプログラミング入門

Android StudioではじめるAndroidプログラミング入門

  • 作者: 掌田 津耶乃
  • 出版社/メーカー: 秀和システム
  • 発売日: 2014/04
  • メディア: 単行本



Android Studio - Getting Started: 3rd Edition

Android Studio - Getting Started: 3rd Edition

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2014/05/21
  • メディア: Kindle版



Android Studio Application Development

Android Studio Application Development

  • 出版社/メーカー: Packt Publishing
  • 発売日: 2013/10/15
  • メディア: Kindle版




タグ:Android Studio

Android Wear アプリは Android Studio が推奨環境? [Android]

Android Wear のアプリ開発手順を熟読してみたら、どうも Andorid Wear アプリは Android Studio が推奨環境の模様。

http://developer.android.com/training/wearables/apps/creating.html
Creating Wearable App.png


この説明を見る限り、一度にスマホとウェアラブルデバイスの両方のプロジェクトが指定できるようになっています。Android Studio の Creating a project の章を見ろと書いてあるので見てみると。。。

http://developer.android.com/sdk/installing/create-project.html
Android Studio Creating Project.png


ほう、Android Studio はプロジェクトを一度に二つ指定できるのですねぇ。Android TV や Google Glass も指定できるようです。すごいなぁ。知りませんでした。

Android Wear のサンプルを見ても、今までの Android Project とディレクトリ構成が違うのでなんでだろうと思っていましたが、どうも Android Studio の形式のようですね。やっと謎が解けました。

Wearable Sample Tree.png


ついに eclipse ADT から Android Studio に乗り換える時が来たようです。せっかく環境整えたのになぁ~。
(;ー .ー)=3






Android StudioではじめるAndroidプログラミング入門

Android StudioではじめるAndroidプログラミング入門

  • 作者: 掌田 津耶乃
  • 出版社/メーカー: 秀和システム
  • 発売日: 2014/04
  • メディア: 単行本



Android Studio - Getting Started: 3rd Edition

Android Studio - Getting Started: 3rd Edition

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2014/05/21
  • メディア: Kindle版



Android Studio Development Essentials

Android Studio Development Essentials

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2014/07/22
  • メディア: Kindle版




Android SDK で Android Wear を試してみる(4) [Android]

前回で Android Wear のエミュレータと PC のXperia 用ドライバの準備ができたので Xperia と Android Wear の接続にチャレンジしてみたいと思います。

前回Step1 まで済みました。

Step1. Android Wear の Virtual Device を作成し起動する
Step2. スマホに「Android Wear」アプリをインストールしPCとUSB接続する
Step3. コマンドラインで、「adb -d forward tcp:5601 tcp:5601」 と入力する
Step4. スマホのAndroid Wear アプリを開いて接続の設定をする

起動したエミュレータ(Virtual Device)の画面は下記のような状態になっています。

AndroidWearStartScreen.png




今回は Step2 から始めます。

Xperiaの「開発者オプション」で「USBデバッグ」をチェックし、USBでパソコンと接続します。すると下記画面がスマホに出てくるので「デバッグを許可」にチェックしOKを押します。

USB debug.png

次にGoogle Play で 「Android Wear」アプリを検索しインストールします。

Android Wear on Google Play.png




Step3に進みます。

コマンドプロンプトを開いて「adb -d forward tcp:5601 tcp:5601」を入力します。

CommandPrompt.png




Step4に進みます。

「Android Wear」アプリを開いてセットアップを進めます。

Android Wear Setup.png


「時計をスマートウォッチにする」画面が出てくるので「同意する」で先に進めます。

Android Wear Setup2.png

「端末を選択」する画面が現れます。Android Wearデバイスはないので設定アイコンをクリックしてみました。すると、「エミュレータをペアに設定」という項目が現れまたので選択してみました。

Android Wear Setup3.png

「エミュレータ 接続しています…」と出ています。接続する準備が整ったみたいです。

Android Wear Setup4.png

「時計をON」をクリックにすると「通知へのアクセス」画面が現れるのでチェックします。

Android Wear Setup5.png

エミュレータの接続が完了すると、「接続済み」に表示が変わります。

Android Wear Setup6.png




これでセットアップは終わりました。エミュレータ画面を見ると、雲マークが消えていて時間が正しく設定されていました。

AndroidWearPairedScreen.png


暫くするとTwitter画面が現れました。これでXperiaとエミュレータが接続されたことが確認できました!

AndroidWearConnected-2.png


これで環境が整ったので Android Wear向けのアプリを試しに作ってみたいと思います!
(^_^)/~


関連記事
Android SDK で Android Wear を試してみる(3)
http://makers-with-myson.blog.so-net.ne.jp/2014-08-30

Android SDK で Android Wear を試してみる(2)
http://makers-with-myson.blog.so-net.ne.jp/2014-08-29

Android SDK で Android Wear を試してみる(1)
http://makers-with-myson.blog.so-net.ne.jp/2014-08-28






Professional Android Wearables

Professional Android Wearables

  • 作者: David Cuartielles Ruiz
  • 出版社/メーカー: Wrox
  • 発売日: 2014/12/15
  • メディア: ペーパーバック



A Newbies Guide to Android Wear

A Newbies Guide to Android Wear

  • 出版社/メーカー: Minute Help Guides
  • 発売日: 2014/07/30
  • メディア: Kindle版



The (Unofficial) Android Wear SmartWatch Book: Applicable to the LG G Watch, Samsung Gear Live, Motorola Moto 360, and other Android Wear watches

The (Unofficial) Android Wear SmartWatch Book: Applicable to the LG G Watch, Samsung Gear Live, Motorola Moto 360, and other Android Wear watches

  • 出版社/メーカー: LOTONtech (as smartwatchbooks.info)
  • 発売日: 2014/07/15
  • メディア: Kindle版




タグ:Android wear

Android SDK で Android Wear を試してみる(3) [Android]

昨日に引き続き、今日も Android Wear についての調査です。"Notification" 等の動作を確認するためには、スマホとAndroid Wear エミュレータを接続しないと始まりません。そんな方法があるのか探してみました。

http://developer.android.com/training/wearables/apps/creating.html
SetupAndroidWearVD.png


上記デベロッパーサイトを見てみると、下記の手順で接続できるようです。

Step1. Android Wear の Virtual Device を作成し起動する
Step2. スマホに「Android Wear」アプリをインストールしPCとUSB接続する
Step3. コマンドラインで、「adb -d forward tcp:5601 tcp:5601」 と入力する
Step4. スマホのAndroid Wear アプリを開いて接続の設定をする


インストラクションに従って Android Wear Virtual Device を作成し直しました。

AndroidWearVD.png


起動してみました。Skin を Android Wear Square に設定したのでボタン類は現れずに表示されます。

AndroidWearStartScreen.png


興味本位で、Android Wear Round のVirtual Deviceを作ってみました。丸い表示になるのかなと期待しましたが、さすがにエミュレータごときでそこまではやらないようですね。

AndroidWearRound.png


Android Wear のスマホ側ソフトですが、退役したLumixを利用しようと思ったのですが、なんとAndroid 4.3 以上でないと利用できないとのこと。これから、Android Wear デバイスを買おうと思っている方は注意してください。


仕方ないので買ったばかりの Xperia SO-04F で試してみることにしました。ADBを使うので開発者オプションを有効にしなければなりません。「端末情報」→「ビルド番号」を七回タップで有効化されます。


Xperia SO-04F用のADBドライバは下記サイトからダウンロードできます。

http://developer.sonymobile.com/downloads/drivers/xperia-a2-driver/
Xperia driver.png


ダウンロードしたファイルを解凍しました。

driver files.png


ドライバをインストールするためにデバイスマネージャーを開きます。デバイスの中に「SO-04F」が見えるので、「ドライバの更新」で解凍したフォルダを指定すればインストールは完了です。

DeviceManager.png

明日は、Android Wear エミュレータ と Xperia SO-04F を接続してみたいと思います。
(^_^)/~





Professional Android Wearables

Professional Android Wearables

  • 作者: David Cuartielles Ruiz
  • 出版社/メーカー: Wrox
  • 発売日: 2014/12/15
  • メディア: ペーパーバック



A Newbies Guide to Android Wear

A Newbies Guide to Android Wear

  • 出版社/メーカー: Minute Help Guides
  • 発売日: 2014/07/30
  • メディア: Kindle版



SONY Sony Xperia M C1905 [Purple,海外版 SIMフリー]

SONY Sony Xperia M C1905 [Purple,海外版 SIMフリー]

  • 出版社/メーカー: Sony
  • メディア: エレクトロニクス


タグ:Android wear

Android SDK で Android Wear を試してみる(2) [Android]

Android Wear の開発環境は整えたものの、実はAndroid Wear で何ができるかよく分かっていません。なので、Android Developer Site でちょっと調べてみました。

http://developer.android.com/training/building-wearables.html
Android Wear Developer Site.png


大きく3つのフューチャーがあるようです。

・Notification
・Wearable Application
・Sending & Syncing Data

それぞれについての説明を覗いてみました。


Notification
Notification.png

Notification は、スマートホンがSNSでメッセージ等を受信すると、そのメッセージをウェアラブルデバイスに通知するための機能のようです。



Wearable Application
Wearable Apps.png

これは、ウェアラブルデバイス上のアプリケーションを作るお作法について説明しています。さすがにブラウザの機能はサポートしていないようですね。私の作ったアプリはお作法に則っていなかったのかも。あとで良く読も。



Sending & Syncing Data
Sending and Syncing Data.png

これは、スマホとウェアラブルデバイスの間で情報やデータのやりとりをするためのしくみについて説明しています。ネットワーク用語で言うなら、Notification は送りっぱなしの UDP、Sending & Syncing Data はデータを確実の伝送する TCP のようなものでしょうか。


思ったよりもフレームワークとしての機能は少なそうです。これから内容を細かく見て、サンプルアプリケーションを作ってみようと思います。
(^_^)/~


関連記事
Android SDK で Android Wear を試してみる(1)
http://makers-with-myson.blog.so-net.ne.jp/2014-08-28






Professional Android Wearables

Professional Android Wearables

  • 作者: David Cuartielles Ruiz
  • 出版社/メーカー: Wrox
  • 発売日: 2014/12/15
  • メディア: ペーパーバック



A Newbies Guide to Android Wear

A Newbies Guide to Android Wear

  • 出版社/メーカー: Minute Help Guides
  • 発売日: 2014/07/30
  • メディア: Kindle版



The (Unofficial) Android Wear SmartWatch Book: Applicable to the LG G Watch, Samsung Gear Live, Motorola Moto 360, and other Android Wear watches

The (Unofficial) Android Wear SmartWatch Book: Applicable to the LG G Watch, Samsung Gear Live, Motorola Moto 360, and other Android Wear watches

  • 出版社/メーカー: LOTONtech (as smartwatchbooks.info)
  • 発売日: 2014/07/15
  • メディア: Kindle版




タグ:Android wear

Android SDK で Android Wear を試してみる(1) [Android]

Firefox OS について調べていくうちに、最新のAndroid SDKが Android Wear と Android TV に対応していることを発見!早速試してみることにしました。

最新のAndroid SDKは下記サイトで入手できます。

http://developer.android.com/sdk/index.html
Android SDK.png


ダウンロードし解凍して起動してみました。実行ファイルは、解凍したディレクトリ下の eclipse\eclipse.exe です。

1_eclipseJUNO.png


起動ロゴが変わっています。そのままでは、AndroidWear のエミュレータなどがありません。メニューの[Window]->[Android SDK Manager]で Android SDK Manager を立ち上げて必要なツールをダウンロードします。

Android SDK Manager.png


今回のSDKから通常のエミュレータもついていませんので、Android TV も含めてまとめてダウンロードしてしまいましょう。ものすごく時間がかかるので覚悟してチェックしてください。


次にAndroidWearのAVDを作成します。同じくメニューの[Window]->[Android Virtual Device Manager] で作成できます。下記のように設定してみました。

AndroidWearAVD.png


Android Virtual Device Manager にエミュレータが追加されました。

AVD Manager.png

さて、プロジェクトを作成してみましょう。Android Project を下記のように設定しました。Android Wear は KitKat がベースなのですね。

AndroidWearProject.png

レイアウトがこんな感じのプロジェクトが生成されました。

AndroidWearLayot.png


何も実装せずに実行してみましょう。AndroidWearのエミュレータが立ち上がりました。SDK付属のエミュレータは相変わらず遅いです。

AndroidWearLaunching.png


しばらくするとようやくホーム画面が現れました。

AndroidWearHome.png


スワイプしてみるとこんな画面が出ました。

AndroidWearHome2.png


私の作ったアプリは起動に失敗したみたいです。。。何が悪いのかそのうち調べてみるかな。

AndroidWearAppFailed.png


ホームボタンを押すとこんな画面になりました。

AndroidWearHome3.png


Android Wear まだ実機を持っていないのでなんとも言えませんが、スマートフォンとは一味違いますね。いろいろ試してみたいと思います!
(^_^)/~





A Newbies Guide to Android Wear

A Newbies Guide to Android Wear

  • 出版社/メーカー: Minute Help Guides
  • 発売日: 2014/07/30
  • メディア: Kindle版



Professional Android Wearables

Professional Android Wearables

  • 作者: David Cuartielles Ruiz
  • 出版社/メーカー: Wrox
  • 発売日: 2014/12/15
  • メディア: ペーパーバック




タグ:Android wear

Android のゲームアプリを作ってみた [Android]

息子のために購入した『中学生でもわかる Android アプリ開発講座』。最近、Android SDKがバージョンアップにより大きく変わってしまったので、どの程度の修正が必要か確認するため自分で作ってみることにしました。


Android Study book for kids.JPG


演習はAndroidアプリ開発経験者なら4時間くらいで終わる内容になっています。幸いなことに、Android SDKが変わったことによる影響はほとんどありませんでした。しかし、未経験者だと戸惑う部分もあったので、事前に確認をしておいてよかったです。

システムエンジニアの私にとってはゲームプログラミングは実は初めてで、私もいろいろと勉強になりました。ゲームは大きく3つの画面、スタート画面、プレイ画面、終了画面で構成されています。


スタート画面がこちら。背景画像があるだけでかっこいいゲームアプリに見えるのが不思議です。

start.png


プレイ画面がこちらです。ヘリコプターが落ちていくのでタップして上昇させ、やってくるボールを拾っていくという単純なものです。単純なんですが、結構のめり込みますね。。息子も夢中になってやってました。

play.png


ゲームオーバーの画面がこちらになります。ここはあっさりとした作りです。

end.png


このゲームはBGMと効果音もついているので動画も撮ってみました。一瞬でゲームが終わってしまいますが、撮影用に8秒とかなり短くしたためです。





4時間程度で、ここまでのゲームが作れてしまうとは驚きですねぇ。海外では中高生のアプリ開発者が億万長者にというニュースも聞こえてきますが頷けます。

この本はポイントを絞って説明しているので簡単に読み込めますし、ゲームプログラミングの基本も習得できるので応用も効きそうです。息子も実物を見てやる気が出てきたようなので、今週末くらいからレクチャーをはじめようかな。
(^_^)/~






中学生でもわかる Androidアプリ開発講座

中学生でもわかる Androidアプリ開発講座

  • 作者: 蒲生 睦男
  • 出版社/メーカー: シーアンドアール研究所
  • 発売日: 2013/12/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



Android StudioではじめるAndroidプログラミング入門

Android StudioではじめるAndroidプログラミング入門

  • 作者: 掌田 津耶乃
  • 出版社/メーカー: 秀和システム
  • 発売日: 2014/04
  • メディア: 単行本



Androidのなかみ InsideAndroid

Androidのなかみ InsideAndroid

  • 作者: Tae Yeon Kim
  • 出版社/メーカー: パーソナルメディア
  • 発売日: 2013/12/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)