So-net無料ブログ作成
検索選択

ESP8266で駆動しているFET(モータードライバ)を測定してみた [ロボットを作ってみる!]

前回のプロペラの推力測定で途中で推力がダウンしてしまう原因を探るために、FETの様子を観察してみることにしました。


DSC04471.JPG


測定するのは、FETのゲートとソースの間、ドレインとソースの間の電圧です。


VDSandVGS.png


実際に測定をしてみた結果がこちらです。


VDSandVGS_pwm.png


動画だとPWMで変化している様子がよく分かります。





電圧を見る限り特段おかしなところはありません。デューティ100%になったときのドレインとソースの電圧を見てみます。


VDS.png


だいたい 0.01V。ちょっと低すぎる感じがします。データシートを見てみます。VDSが0.01Vで、VGSが3.1Vくらいになります。


datasheet.png


データシートから類推するに、ほとんど電流が流れていないということになります。推力のサチりはどうも、バッテリーが原因っぽいですね。
ε~(=. = )





サインスマート 手持型 USBオシロスコープ DDS-140 バンド幅40MHz 200M/S + 信号発生器 + ロジックアナライザ

サインスマート 手持型 USBオシロスコープ DDS-140 バンド幅40MHz 200M/S + 信号発生器 + ロジックアナライザ

  • 出版社/メーカー: サインスマート(SainSmart)
  • メディア: エレクトロニクス



Hantek デジタルオシロスコープ 70MHz 1GSa/s DSO-5072P

Hantek デジタルオシロスコープ 70MHz 1GSa/s DSO-5072P

  • 出版社/メーカー: Hantek
  • メディア: エレクトロニクス



SODIAL(R)10個 Nチャネルパワー MOSFET2N60 低ゲート電荷 2A 600V

SODIAL(R)10個 Nチャネルパワー MOSFET2N60 低ゲート電荷 2A 600V

  • 出版社/メーカー: SODIAL(R)
  • メディア: エレクトロニクス