So-net無料ブログ作成
検索選択

楽しかった二日間 「Maker Faire Tokyo 2016」 [徒然日記]

「Maker Faire Tokyo 2016」。二日目は開場40分前に到着し簡単に再セットアップ。一日目と違って余裕があります。^^


DSC04242.JPG


朝10時からスタートなので、午前中に見学が集中するかと身構えていたのですが、思ったよりもゆったりとしたスタートで、少し肩透かしの気分。


DSC_0594.JPG


今日は、家族連れや理系女子の見学が多かったです。リケジョの方々は単に説明を聞くだけでなく、その場で足踏みをしてステップカウンターや心拍数が上がることを確認して喜んでくれました。一生懸命作った甲斐がありました。


午後遅くなると、少し余裕が出てきたので、ブースの説明を息子に任せて見学をしてきました。一番目を引いたのは「木の歯車工房」さんの作品。木で出来たショベルカーは圧巻です。


DSC04232.JPG


すごくユニークだったのが、こちらのリコーダーパイプオルガン。演奏はデジタル制御なのですが、空気は人力で補充する必要があります。一生懸命演奏している姿が印象的でした。


DSC04269.JPG


カウンター(かちかち)を時計に使うという発想の「かちかち時計」。これもアナログとデジタルをうまく融合させた面白い作品でした。


DSC04266.JPG


大がかりだったのは、HDDで音を鳴らす「HDD演奏機」。(これのフロッピーディスク版もあります)


DSC04276.JPG


どうしたら、HDDを楽器に使おうという発想が生まれるのか実に不思議です。正直、演奏はいまいちよく分かりませんでしたが、ビジュアルと発想に脱帽です。


あとロボットコーナーではクマのぬいぐるみがロボットをやっつけてました。カワ(・∀・)イイ!!


DSC04281.JPG


その他にもいろいろと面白い展示がたくさんあったのですが、紹介しきれないのが残念です。


私と息子で作った初の展示作品「CLIP DISPLAY」。心拍センサー断線というトラブルに見舞われましたが、二日間、本当によくがんばってくれました。この小さなセットに感謝です。


DSC_0595.JPG


この二日間で、お隣のブースの晴王さんとも家族共々仲良くさせていただきました。来年の再会を誓って会場を後にしました。また来年、家族でここに来れるといいなぁ。MFT2016は、家族にとっても忘れられない夏の思い出となりました。
・:*:・( ´ ▽ ` )・:*:・


DSC_0596.JPG





「もの」はどのようにつくられているのか? ―プロダクトデザインのプロセス事典 (Make: Japan Books)

「もの」はどのようにつくられているのか? ―プロダクトデザインのプロセス事典 (Make: Japan Books)

  • 作者: Chris Lefteri
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2014/05/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



物を作って生きるには ―23人のMaker Proが語る仕事と生活 (Make:Japan Books)

物を作って生きるには ―23人のMaker Proが語る仕事と生活 (Make:Japan Books)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2015/12/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



MAKERS―21世紀の産業革命が始まる

MAKERS―21世紀の産業革命が始まる

  • 作者: クリス・アンダーソン
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2012/10/23
  • メディア: 単行本