So-net無料ブログ作成
検索選択

MFT2016 の修理スペースで使ったハッコーの半田ごてを購入 [徒然日記]

Maker Faire Tokyo 2016 で出展していた「CLIP DISPLAY」。デモでの試着の繰り返しで、心拍センサーが断線をしてしまいました。


heartrate_disconnection.jpg


白光さんが提供してくれている修理スペースへ持ち込み、半田づけを行ったのですが、その時に使った半田ごてが使いやすいこと。

これがあれば、極小ESP-WROOM-02の組み立てもあんなに苦労せずに済んだかも?という考えが頭から離れず、ついに買ってしまいました!

DSC04293.JPG



この大きさで温度調節もできるのがうれしいですね。


DSC04294.JPG


今まで使用していた半田ごては、こて先のフラックスも落ちてきているので、グルー整形用に転用したいと思います。これからはチップ部品の実装にもばんばん挑戦したいと思います。

次は何を作ろうかなー。(^ω^)





「電子工作」「電子機器修理」が、うまくなる はんだ付けの職人技

「電子工作」「電子機器修理」が、うまくなる はんだ付けの職人技

  • 作者: 野瀬 昌治
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2013/11/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)










今日は会社でグロッキーしながらもMFT2016を振り返る(;´ Д`) [徒然日記]

MFT2016を明けての月曜日。本当はお休みのはずだったのですが、仕事が修羅場を迎えており、疲れた体を鞭打って出社しました。


ea14c261.gif
http://jigokuno.com/eid_871.html


と、カッコいいところを見せたいところですが、小心者の私にはちょっと無理。木曜から会社も盆休みに入るのであと二日、耐えきろう。

でも、会社で打ち合わせをこなしながらも、ささやかな抵抗として、今回のMFT2016を振り返ってみました。

まず、IoT系の作品は展示物が小さいのでアピールするために展示方法をよく考えないといけませんでした。会場では巨大展示物が多いので、どうしても埋没してしまいます。そこまで考えがまわりませんでした。

あと、数人の方々に名刺交換を求められました。会社とは関係ない家族での出展なのでお断りさせていただきましたが、個人用の名刺を作っておけばよかったです。

最大の反省点は展示物は前日までにすべて完動させておくこと。当日、会場で組上げれば良いやと思っていたデモ用のシステムを不注意で壊してしまいました。慌ててやる仕事に碌な結果はついてきません。


来年の応募作品をどうするか、まだ何も考えていませんが、今年の反省を糧にして、より皆さんに楽しめる作品を披露できるようにしたいと思います!
b(`・ω・´)






デザイナーのラフスケッチ デザインのアイデアを形にする過程

デザイナーのラフスケッチ デザインのアイデアを形にする過程

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: エムディエヌコーポレーション
  • 発売日: 2016/03/02
  • メディア: 単行本



「もの」はどのようにつくられているのか? ―プロダクトデザインのプロセス事典 (Make: Japan Books)

「もの」はどのようにつくられているのか? ―プロダクトデザインのプロセス事典 (Make: Japan Books)

  • 作者: Chris Lefteri
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2014/05/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



偉大な発明に学ぶアイデアのつくり方 思考展 開ワークショップ

偉大な発明に学ぶアイデアのつくり方 思考展 開ワークショップ

  • 作者: 三原康司
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2016/06/02
  • メディア: 単行本




楽しかった二日間 「Maker Faire Tokyo 2016」 [徒然日記]

「Maker Faire Tokyo 2016」。二日目は開場40分前に到着し簡単に再セットアップ。一日目と違って余裕があります。^^


DSC04242.JPG


朝10時からスタートなので、午前中に見学が集中するかと身構えていたのですが、思ったよりもゆったりとしたスタートで、少し肩透かしの気分。


DSC_0594.JPG


今日は、家族連れや理系女子の見学が多かったです。リケジョの方々は単に説明を聞くだけでなく、その場で足踏みをしてステップカウンターや心拍数が上がることを確認して喜んでくれました。一生懸命作った甲斐がありました。


午後遅くなると、少し余裕が出てきたので、ブースの説明を息子に任せて見学をしてきました。一番目を引いたのは「木の歯車工房」さんの作品。木で出来たショベルカーは圧巻です。


DSC04232.JPG


すごくユニークだったのが、こちらのリコーダーパイプオルガン。演奏はデジタル制御なのですが、空気は人力で補充する必要があります。一生懸命演奏している姿が印象的でした。


DSC04269.JPG


カウンター(かちかち)を時計に使うという発想の「かちかち時計」。これもアナログとデジタルをうまく融合させた面白い作品でした。


DSC04266.JPG


大がかりだったのは、HDDで音を鳴らす「HDD演奏機」。(これのフロッピーディスク版もあります)


DSC04276.JPG


どうしたら、HDDを楽器に使おうという発想が生まれるのか実に不思議です。正直、演奏はいまいちよく分かりませんでしたが、ビジュアルと発想に脱帽です。


あとロボットコーナーではクマのぬいぐるみがロボットをやっつけてました。カワ(・∀・)イイ!!


DSC04281.JPG


その他にもいろいろと面白い展示がたくさんあったのですが、紹介しきれないのが残念です。


私と息子で作った初の展示作品「CLIP DISPLAY」。心拍センサー断線というトラブルに見舞われましたが、二日間、本当によくがんばってくれました。この小さなセットに感謝です。


DSC_0595.JPG


この二日間で、お隣のブースの晴王さんとも家族共々仲良くさせていただきました。来年の再会を誓って会場を後にしました。また来年、家族でここに来れるといいなぁ。MFT2016は、家族にとっても忘れられない夏の思い出となりました。
・:*:・( ´ ▽ ` )・:*:・


DSC_0596.JPG





「もの」はどのようにつくられているのか? ―プロダクトデザインのプロセス事典 (Make: Japan Books)

「もの」はどのようにつくられているのか? ―プロダクトデザインのプロセス事典 (Make: Japan Books)

  • 作者: Chris Lefteri
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2014/05/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



物を作って生きるには ―23人のMaker Proが語る仕事と生活 (Make:Japan Books)

物を作って生きるには ―23人のMaker Proが語る仕事と生活 (Make:Japan Books)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2015/12/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



MAKERS―21世紀の産業革命が始まる

MAKERS―21世紀の産業革命が始まる

  • 作者: クリス・アンダーソン
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2012/10/23
  • メディア: 単行本




いよいよ開幕 「Maker Faire Tokyo 2016」! [徒然日記]

本日、Maker Faire Tokyo 2016 が東京ビックサイトで開幕しました!私と息子だけではお昼も食べれないだろうと、カミさんと娘も応援についてきてくれました!


DSC_0588.JPG

会場の設営は 9:00-12:00 で十分時間があるなと思っていたのですが、想定外の渋滞で到着は10:30過ぎ!


DSC_0587.JPG


焦ってデモ機を立ち上げているときに誤ってスペアの心拍センサーを壊してしまいました。(T_T)
本体が壊れなかっただけでもよしとするか・・・。

ブースは東京ビックサイト西2棟のA05-09です。


DSC04225.JPG


IoT系は展示物が小さいので、他の巨大展示物に比べるとちょっと見劣りしてしまうのが残念。展示をもう少し工夫すべきだったかな。いろいろと勉強になります。


DSC04226.JPG


しかし、興味を示してくれる方は多くて、特に多くの外人さんが立ち寄ってくれました。コンセプトから、なぜこのパーツを選択したかなど、根ほり葉ほり聞かれました。わざわざ東京に来てまで参加する海外のMakers は筋金入りですね。私も家族の前で英語力を披露できて、ちょっと鼻高々です。^^

やはりというべきか理系の学生さんの訪問も多かったです。研究テーマでIoTを取り上げているところが多いのか、心拍センサーや加速度センサーに質問が集中しました。皆さん、論文がんばってくださいねー。

あと、「いろいろ説明ありがとう。面白いパーツがたくさんあって作りたいものがまた思いついたよー」 言ってくれたおじいちゃん!私もあなたに生涯かけて面白いものを追い続ける勇気をもらいました!

明日は10:00から開場になります。ちょっと疲れ果てているかも知れませんが、お気軽にお声がけください。元気が復活します!それでは、明日も東京ビックサイトでお待ちしてます!!
(^_^)/~





「もの」はどのようにつくられているのか? ―プロダクトデザインのプロセス事典 (Make: Japan Books)

「もの」はどのようにつくられているのか? ―プロダクトデザインのプロセス事典 (Make: Japan Books)

  • 作者: Chris Lefteri
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2014/05/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



物を作って生きるには ―23人のMaker Proが語る仕事と生活 (Make:Japan Books)

物を作って生きるには ―23人のMaker Proが語る仕事と生活 (Make:Japan Books)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2015/12/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



MAKERS―21世紀の産業革命が始まる

MAKERS―21世紀の産業革命が始まる

  • 作者: クリス・アンダーソン
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2012/10/23
  • メディア: 単行本




Maker Faire Tokyo 2016 いよいよ明日開催! [徒然日記]

CLIP DISPLAY(仮) 色々と心残りはあるものの、ある程度まとめることができました。会社の同僚も見に来るということなので、がっかりされないかちょっと心配。

必要な部材、ポスターや飾りなど一通り仕上がって、いま荷物をまとめているところです。

明日の会場は、ビッグサイト西2ホール入退場口入ってすぐ右になります。”息子と一緒に”というフレーズが利いたのか、「Tinkering Space for KIDS」 の目の前です。


MFT2106Place.png


明日から二日間、たくさんの方々とお会いできるのを息子ともども楽しみにしています!
(*^▽^*)/~





「もの」はどのようにつくられているのか? ―プロダクトデザインのプロセス事典 (Make: Japan Books)

「もの」はどのようにつくられているのか? ―プロダクトデザインのプロセス事典 (Make: Japan Books)

  • 作者: Chris Lefteri
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2014/05/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



物を作って生きるには ―23人のMaker Proが語る仕事と生活 (Make:Japan Books)

物を作って生きるには ―23人のMaker Proが語る仕事と生活 (Make:Japan Books)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2015/12/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



MAKERS―21世紀の産業革命が始まる

MAKERS―21世紀の産業革命が始まる

  • 作者: クリス・アンダーソン
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2012/10/23
  • メディア: 単行本




CLIP DISPLAY(仮)開発、いよいよ追い込み!(`・ω・´) [Arduino]

この週末のMFT2016に向けて、CLIP DISPLAY(仮)の開発もいよいよ追い込み!と言いたいところなのですが、仕事がいきなり修羅場と化して、帰宅は毎日午前様。まさに寝る間を惜しんで開発しています。


DSC04218.JPG


残る課題は速度計測なのですが、加速度センサーは相対的な動きをとらえるにはよいのですが、絶対値はどうも使い物にならない。

ということで、歩数計で速度を測定することに方針転換しました。(間に合うのか?オレ。。。)グーグル師匠に聞いてみると、アナログデバイスさんのホームページですごく参考になる論文を発見!


3軸デジタル加速度センサーを使用したフル機能の歩数計の設計
http://www.analog.com/jp/education/landing-pages/003/analogdialogue/contents/ad4406_jp.html


ソースコードはないですが、考え方はそのまま応用できそうです。早速、アルゴリズムの検討のために、Z軸のデータを取ってみると・・・・


walkandRunwithSpikeNoize.png


なぜかスパイクノイズがところどころ乗っている。速度がまともに出なかった問題のひとつはこれだったのか。今までこんなノイズ出てなかったけどなぁ・・・。(´・ω・`)


データを注意深く解析していくと、どうもOLEDの点灯タイミングでノイズが出る頻度が高いようです。排他処理はしていたのですが、十分ではありませんでした。また、FIFOに残っているゴミデータも読みだしているようなので、適宜FIFOリセットを入れるようにしました。

これらの工夫を加えて得られた波形がこちら。


walkandRunwithNoNoize.png


とってもきれいな波形が読みとれるようになりました。あとはアナログデバイスさんのアルゴリズムを参考に歩数計から速度計、距離計を作るのみ!できれば万歩計機能も追加したいところですが、難しいかな。
(;^Д^)








心拍センサ

心拍センサ

  • 出版社/メーカー: スイッチサイエンス
  • メディア: エレクトロニクス



ESP-WROOM-02ピッチ変換済みモジュール《シンプル版》

ESP-WROOM-02ピッチ変換済みモジュール《シンプル版》

  • 出版社/メーカー: スイッチサイエンス
  • メディア: エレクトロニクス