So-net無料ブログ作成
検索選択

3月8日は「松の日」 [子供たちのこれくしょん]

3月8日は朝6時半から家が慌ただしく、物音でたたき起こされました。起きてみると娘とカミさんがすでに着替えて出かける様子。おまけに息子まで眠たそうな顔でスタンバイ。

3月8日は”なんかあったなー”とぼーっとした頭で考えていたら、なるほど「松の日」だったか。


おそ松キャンペーン.png


前回の様子から、今回は”厳しい戦いになる”と娘は思ったようで、カミさんと息子も動員されたようです。私はどうやら免除されたみたいです。(よかったー)

で、こちらが戦績です。


OSOMATSU-1.jpg
OSOMATU-2.jpg


やはり娘の予想通りだったようで、3人が近所のファミマに散らばっても集められたのはこれだけだったようです。娘は「前回に比べてマナーがなってない人が多かった!」と憤っていました。

しかし、ギャグアニメになぜここまで情熱を傾けられるのか未だになぞです。
σ(´・д・`)





おそ松さん がまぐち 十四松

おそ松さん がまぐち 十四松

  • 出版社/メーカー: 森本産業
  • メディア:






おそ松さん 学習帳(カラ松)

おそ松さん 学習帳(カラ松)

  • 出版社/メーカー: ラナ
  • メディア:




合格祝いにコンプレッサー&エアブラシセット! [子供たちのこれくしょん]

週末に息子に約束していたエアブラシセットを買ってきました!私はまったく詳しくないので、すべて息子にお任せ。息子が選んだのは 「Mr.リニアコンプレッサ/エアブラシセット PS311」。


Mr Linear Compressor_AirBrush.JPG


店員に相談したら「良いチョイスですね。オールインワンですぐに使えるし、長く使える良い製品ですよ。」と太鼓判。「息子の合格祝いなんですよ。」と話をしたら、合格祝いにとポイントカードを一枚サービスしてくれました。

5000円近いポイントもゲットして、ホクホク顔の息子でしたが、部屋が散らかりまくっていて塗装どころではない様子。この春休みは大掃除から始まりそうです。
(^_^)/~






Mr.リニアコンプレッサーL5/圧力計付レギュレーターセット PS313

Mr.リニアコンプレッサーL5/圧力計付レギュレーターセット PS313

  • 出版社/メーカー: GSIクレオス
  • メディア: おもちゃ&ホビー



Mr.リニアコンプレッサー L7/エアーブラシ/圧力計付レギュレーターセット PS308

Mr.リニアコンプレッサー L7/エアーブラシ/圧力計付レギュレーターセット PS308

  • 出版社/メーカー: GSIクレオス
  • メディア: おもちゃ&ホビー



Mr.リニアコンプレッサープチコン PS351 by GSI [並行輸入品]

Mr.リニアコンプレッサープチコン PS351 by GSI [並行輸入品]

  • 出版社/メーカー: GSI
  • メディア: おもちゃ&ホビー




Arduino互換 Pololu A-Star 32U4 ULV を動かしてみた! [Arduino]

先日購入した 0.5V から動作する「Pololu A-Star 32U4 ULV」。さっそく動作確認をしてみました。


A-Star 32U4.JPG


最初にドライバをダウンロードしなければなりません。このページでダウンロードできます。

https://www.pololu.com/docs/0J61/6.1
Download the A-Star Software and Drivers (98k zip)


ダウンロードしたら解凍をします。解凍したディレクトリの中にドライバがあります。


<解凍ディレクトリ>/a-star-2.0.0/drivers


その中の a-star.info をインストールします。

A-Star32u4 driver install.png


次に Arduino にボード情報を登録します。解凍元にある pololu ディレクトリをドキュメントフォルダー内のスケッチ・ディレクトリにコピーします。


コピー元: <解凍ディレクトリ>/a-star-2.0.0/add-on/pololu
コピー先: C:\Users\\Documents\Arduino\hardware\pololu


スケッチ・ディレクトリに "hardware" ディレクトリがない場合は作ってください。すると、Arduino IDE のボードから "Pololu A-Star 32U4" を選択できるようになります。

Arduino Pololu A-Star32U4.png


COMポートを選択します。選択できない場合はドライバのインストールが失敗している可能性があります。デバイスマネージャーで確認しましょう。

Arduino Pololu A-Star32U4 COM.png


ピン配を確認してLEDをつけます。お約束の13番ピンにLEDを付けることにします。

https://www.pololu.com/picture/view/0J5625
A-Star32u4ULV_pinassign.jpg


定番のスケッチで”Lチカ”を試してみます。

void setup() {
  pinMode(13,OUTPUT);
}

void loop() {
  digitalWrite(13,HIGH);
  delay(500);
  digitalWrite(13,LOW);
  delay(500);
}


動くかな~。



きちんと動きました。次は電圧を変えても動くか試してみたいと思います!
(^_^)/~






A-Star 32U4 Mini ULV

A-Star 32U4 Mini ULV

  • 出版社/メーカー: スイッチサイエンス
  • メディア: エレクトロニクス



A-Star 32U4 Micro

A-Star 32U4 Micro

  • 出版社/メーカー: スイッチサイエンス
  • メディア: エレクトロニクス



A-Star 32U4 Prime LV microSD

A-Star 32U4 Prime LV microSD

  • 出版社/メーカー: スイッチサイエンス
  • メディア: エレクトロニクス




息子が無事に高校合格しましたー [徒然日記]

息子が無事に第一志望の高校に合格しました!

試験当日、帰ってくるなり暗い顔で”落ちるかも”などと言っていたので、親の私も覚悟をしていたのですが、ふたを開けてみたら科目平均90点の高得点!面接も高評価の余裕の合格でした。(*^ o ^*) 
いったいあの落ち込み様は何だったのだ!?

DSC_0454.JPG
(近所の河津桜がきれいに咲いてました)

この一年、大好きな模型を封印して頑張ってきた甲斐がありました。私と違って努力家の自慢の息子です。

ただ、小学一年から中学三年まで一緒に学校に通っていたお友達が落ちてしまったのは残念。息子も嬉しさ半分といったところです。別れもあれば出会いもある春。高校で青春しろよー。

ということで息子の模型も解禁です!今週末は息子の合格祝いにエアーブラシを買いに行く予定です。
(^。^)/~








プロが教えるエアブラシペイントテクニック (MOTOR BOOKS WORKSHOP 日本語版)

プロが教えるエアブラシペイントテクニック (MOTOR BOOKS WORKSHOP 日本語版)

  • 作者: ジョアン・ボートルズ
  • 出版社/メーカー: スタジオタッククリエイティブ
  • 発売日: 2009/10
  • メディア: 大型本



長谷川迷人のエアブラシ・マスター DVD

長谷川迷人のエアブラシ・マスター DVD

  • 出版社/メーカー: モデルアート
  • メディア: DVD




Arduino と Android で WiFiモジュール(ESP-WROOM-02) を動かす2! [Arduino]

Youtube のコメント上で海外の人とやりとりをしていて、Arduino から Android への通信は試していないことに気が付きました。ということで、試してみることにしました。


Arduino_and_Android_WiFi_bidirectionalCommunication.JPG


ESP-WROOM-02 の Arduinoスケッチです。Android から ON/OFF を受けたらクライアントにLEDの状態を返信するように作りました。

#include <ESP8266WiFi.h>

const char* ssid = "your ssid";
const char* password = "your password";
const int LED = 16;

WiFiServer server(8080);
WiFiClient client;

void connectWiFi(const char* ssid ,const char* password) {
   
  WiFi.disconnect();
  WiFi.mode(WIFI_STA);
  WiFi.begin(ssid ,password);
  
  while (WiFi.status() != WL_CONNECTED) {
    delay(100);
    Serial.print(".");
  }
  Serial.println();
  Serial.println("WiFi connected");
  Serial.print("IP address: ");
  Serial.println(WiFi.localIP());
}

void setup() {
  Serial.begin(115200);
  connectWiFi(ssid ,password);
  server.begin();
  client = server.available();
  
  pinMode(LED ,OUTPUT);
}

void loop() {
   
  while ((WiFi.status() != WL_CONNECTED)) {
    connectWiFi(ssid ,password);
  }

  while (!client) {
    client = server.available();
    delay(10);
  }
  
  while (!client.available()) {
    delay(10);
  }
  Serial.println("client connected");
  
  String res = client.readStringUntil('\n');
  Serial.println(res);
  client.flush();
  
  if (res.equals("ON")) {
    digitalWrite(LED ,HIGH);
    client.print("LED:ON");
  }
  else if (res.equals("OFF")) {
    digitalWrite(LED ,LOW);
    client.print("LED:OFF");
  }
  else {
    Serial.println("ERROR");
    client.print("error");
  }
  client.stop();
}



Android コードの通信部分は、コマンドを送信をしたら Arudino からの返信を受信するようにしました。典型的なクライアント・サーバー型のプログラムです。ベースとなるプロジェクトはこちらを参考にしてください。


public class AsyncSocket extends AsyncTask<String, Void, String> {
    private String mIpAddress = null;
    private Integer mPortNo = 0;
    private TextView mText = null;

    public AsyncSocket(String ipStr, String portStr ,TextView status) {
        mIpAddress = ipStr;
        mPortNo = Integer.parseInt(portStr);
        mText = status;
    }

    @Override
    protected String doInBackground(String... params) {
        String data = "";
        try {
            Socket socket = new Socket(mIpAddress, mPortNo);
            OutputStream out = socket.getOutputStream();
            Scanner in = new Scanner(socket.getInputStream());
            out.write(params[0].getBytes());
            out.flush();
            while(!in.hasNextLine());
            do {
                data += in.nextLine();
            } while (in.hasNextLine());
            out.close();
            in.close();
            socket.close();
            return data;
        } catch (IOException e) {
            e.printStackTrace();
            return "Socket Failure";
        }
    }

    @Override
    protected void onPostExecute(String s) {
        mText.setText(s);
    }
}



実際に動いている様子はこちらです。




無事に送受信できました。Arduinoからのセンサーデータを受信できるようにするともっと面白くなりそうですね。
(^_^)/~





ESP-WROOM-02実装済みmikroBUS(R)対応ブレークアウトボード

ESP-WROOM-02実装済みmikroBUS(R)対応ブレークアウトボード

  • 出版社/メーカー: マイクロテクニカ
  • メディア: おもちゃ&ホビー






[改訂版]Android Studioではじめる 簡単Androidアプリ開発

[改訂版]Android Studioではじめる 簡単Androidアプリ開発

  • 作者: 有山 圭二
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2016/01/07
  • メディア: 大型本