So-net無料ブログ作成
検索選択

ESP-WROOM-02 ブレイクアウトボードでADCを使うには(2) [Arduino]

ESP-WROOM-02 のADCの続きです。使い方を調べてみると、色々と制約があることが分かってきました。こちらのサイトが非常に参考になりました。


ちょと裏技っぽいけど、ESP8266 でAD変換やる方法
http://qiita.com/azusa9/items/26e74e4e0d5773ce9c41


ポイントは二つ。

・ ADCの電圧測定範囲は、0.0~1.0V で 10bit 分解能。
・ analogRead() は使えない。system_adc_read() 関数を使う。


ということで、下記のようなスケッチを試してみることにしました。

extern "C" {
  #include "user_interface.h"
}

void setup() {
  Serial.begin(115200);
}

void loop() {
  int value = system_adc_read();
  Serial.println("Value: " + String(value));
  delay(1000);
}



電源の3.3Vを分圧して ESP-WROOM-02 の ADC に突っ込んで測定をしてみました。


ESP-WROOM-02.png


実際の測定風景はこんな感じ。


ESP8266_ADC_measring.JPG


測定結果はこちらになります。データは20点測定した平均値です。

電圧測定値
0.98987
0.86864
0.69703
0.59594
0.47482
0.29293
0.20205
0.09493
0.06565
0.03030



なかなか良いデータが取れました。グラフにすると綺麗なリニア特性が現れました。


ESP8266_ADC_Data.png


ということで、ESP8266のADCは十分使えることが分かりました。
次はいよいよ心拍センサーを動かしてみるか。
p(`・ω・´)q





ESP-WROOM-02ピッチ変換済みモジュール《T型》

ESP-WROOM-02ピッチ変換済みモジュール《T型》

  • 出版社/メーカー: スイッチサイエンス
  • メディア: エレクトロニクス



ESP-WROOM-02ピッチ変換済みモジュール《フル版》

ESP-WROOM-02ピッチ変換済みモジュール《フル版》

  • 出版社/メーカー: スイッチサイエンス
  • メディア: エレクトロニクス



ArduinoとESP8266ではじめる IoTプログラミング

ArduinoとESP8266ではじめる IoTプログラミング

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2016/04/22
  • メディア: Kindle版




nice!(38)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 38

コメント 1

ワンモア

niceとお祝いのコメントありがとうございます(^o^)
これからもよろしくお願いします。
by ワンモア (2016-05-25 14:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。