So-net無料ブログ作成
検索選択

Arduino 互換機 Pololu A-Star 32U4 ULV がどこまで動くか試してみた [Arduino]

ここのところ歓送迎会続きで放置していた Pololu A-Star。今日は少し早めに帰宅できたので、どこまで電圧を落として動くか試してみることにしました。


AStart32UsMiniULV.jpg


5Vから徐々に電圧を落として、LEDをどこまで駆動できるか試してみます。

Pololu A Star 32U4 ULV.png


スケッチはいつもの単純なものを使いました。

void setup() {
  pinMode(13,OUTPUT);
}

void loop() {
  digitalWrite(13,HIGH);
  delay(500);
  digitalWrite(13,LOW);
  delay(500);
}


安定化電源の電圧を徐々に下げていってみました。



LEDを駆動する場合はだいたい1.7Vが限界のようです。乾電池で動かすのはちょっと厳しそうです。

シリアル出力のみならもう少し電圧を下げても動くのかもしれませんが、LEDを駆動できないとなると何もできそうにありません。1.7Vくらいを目途に考えておけばよさそうです。
(^_^)/~





A-Star 32U4 Mini ULV

A-Star 32U4 Mini ULV

  • 出版社/メーカー: スイッチサイエンス
  • メディア: エレクトロニクス



A-Star 32U4 Micro

A-Star 32U4 Micro

  • 出版社/メーカー: スイッチサイエンス
  • メディア: エレクトロニクス



ATmega32U4搭載マイコンボード

ATmega32U4搭載マイコンボード

  • 出版社/メーカー: スイッチサイエンス
  • メディア: エレクトロニクス




nice!(46)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 46

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。