So-net無料ブログ作成
検索選択

Qt のアプリケーションをAndroidで動かしてみた [ソフトウェア関連のもろもろ]

さて、今回はいよいよQtの一番のウリである”マルチプラットフォーム”を試すために、Android上で動作するか試してみましょう。

Androidで動かすためには Android NDK が必要になります。下記のサイトからダウンロードします。

https://developer.android.com/tools/sdk/ndk/index.html
0 Android NDK.png


ダウンロードが終わったら、適当なディレクトリに展開して QtCreator の設定を行います。メニューの「ツール」の中から「オプション」を選択します。「オプション」ウィンドウからAndroidアイコンを選択すると設定メニューが出てきます。私の場合、下記のように設定しました。


1 QtCreator_OptionSettings.png


QtCreatorに戻って、「プロジェクト」を選択すると「ビルドと実行」メニューが開きます。そこで、「キットを追加」を選択して「ameabi-v7a 用 Android (GCC 4.8, Qt 5.3.2)」を選択します。


2 QtCreator_AddKit.png


すると設定が追加されます。あらかじめ設定されていますので、特に編集せずそのまま使います。


3 QtCreator_AddAndroidIcon.png


では実行してみましょう。左下の「ビルド/実行キットセレクタ」のアイコンをクリックして「ameabi-v7a 用 Android (GCC 4.8, Qt 5.3.2)」を選択します。アイコンがPCディスプレイからAndroidに変わったことを確認したら実行ボタンを押します。


3 QtCreator_Execution.png


Androidデバイスの選択画面が出てきますのでとりあえずエミュレータを選択してみます。


4 QtCreator_DeviceSelection.png


いつまでたっても画面が出てきません。。。OTZ...


5 EmulatorScreen.png


コンソールを見たら、"OpenGL ES API がない" と叱られています。どうもエミュレータ側の実装の問題のようです。


6 ErrorMessage.png


気を取り直して実機(スマホ)で試してみます。XperiaをPCとUSBで接続してQtCreatorの実行ボタンを押します。Androidデバイスの選択画面でXperiaを選択します。


7 QtCreator_DeviceSelection2.png


動きました!





300x300ではスマホのアプリとしては小さすぎました。。。OTZ... フォントの大きさも違いますが画像の動きは設計通りです。ここまでできれば、マルチプラットフォーム対応の看板に偽りなしでしょう。

Raspberry Piが動き出せば、そのうちRaspberry Piでも試してみたいと思います!(時間があるかなぁ・・)
(^_^)/~



関連記事
Qt のアプリケーションを作ってみる(6)
http://makers-with-myson.blog.so-net.ne.jp/2014-10-07

Qt のアプリケーションを作ってみる(5)
http://makers-with-myson.blog.so-net.ne.jp/2014-10-03

Qt のアプリケーションを作ってみる(4)
http://makers-with-myson.blog.so-net.ne.jp/2014-09-23

Qt のアプリケーションを作ってみる(3)
http://makers-with-myson.blog.so-net.ne.jp/2014-09-22

Qt のアプリケーションを作ってみる(2)
http://makers-with-myson.blog.so-net.ne.jp/2014-09-21

Qt のアプリケーションを作ってみる(1)
http://makers-with-myson.blog.so-net.ne.jp/2014-09-20





タグ:Qt
nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 23

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: