So-net無料ブログ作成

『生存者ゼロ』を読んでみた [徒然日記]

出張の帰りに『生存者ゼロ』という本を読んでみました。書店でイチオシの作品になっていたので、ハズレはないだろうと思い、試しに買ってみました。

DSC02169.JPG


結論から言うと、すごく面白かったです。買ってよかったです。久しぶりに怒涛のような勢いで物語が展開していくSFエンターテイメント作品に出会いました。

物語は根室沖にある海上石油基地からの連絡が途絶えたところから始まります。近くで演習をしていた自衛隊員が状況の確認に行くと、全ての作業員が血みどろになって息絶えていました。猛毒細菌による感染症が疑われ、科学者たちの調査が始まります。

新たな細菌は発見されるものの、なぜ海上石油基地で発生したのか?無毒に思えるこの細菌がなぜ人を死に至らしめたのか?なぜほぼ同時に人々が死に至ったのか?謎が謎を呼びます。

しばらく何事もなく皆が安心しきったところに、北海道の道東の町の住民が同じ細菌と思われる感染症で全滅するというショッキングな事件が起きます。町は封鎖され調査が続けられますが、原因は一向に分かりません。

手がかりが見つけられないまま被害は拡大していき、次第に社会が混乱していきます。しかし、この激しい感染症はなぜか新月の夜だけに発生することに気がつきます。それが解明の糸口になり、誰もが予想もしなかった結論に至ります。

学術界の派閥争いや、民主党を彷彿とさせる無能な政府がどぎついスパイスとなって物語を盛り上げていき、日本政府は最悪の決断を下すことになります。気になる方は、ぜひ読んでみてくださいね!

これだけの大作でありながら、著者はまだ建設会社に勤務する会社員というから驚きです。今後の作品にさらに期待が膨らみますね。ぜひ、ハリウッドで映画化してほしい作品です。
(^_^)/~





生存者ゼロ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

生存者ゼロ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

  • 作者: 安生 正
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2014/02/06
  • メディア: 文庫



このミステリーがすごい! 2014年版

このミステリーがすごい! 2014年版

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2013/12/09
  • メディア: 単行本




nice!(25)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 25

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0